ここから本文です

「不倫夫への執着」を捨てきれない妻の苦悩

1/12(土) 16:00配信

東洋経済オンライン

※ミセス・パンプキンへの人生相談および、家族関係や親子問題のお悩み相談は専用メール、専用サイトで受け付けています。質問は400字以内でお願いします。回答は既出の相談と内容が被らないものを優先し、本連載で掲載します。

結婚4年目で、ともに32歳の夫婦2人暮らしです。 飲み会などにも行かない夫が、夜遅く帰るようになり、聞くと、職場の後輩女性と1カ月前から不倫関係であることがわかりました。
仕事に夢中だった私に寂しさを覚え、今では私に何の感情もなくなったそうです。彼女のほうがずっと好きだと、堂々と言います。性格はまじめで仕事熱心な夫でしたので、 今回の件はまさに青天の霹靂(へきれき)でした。

私が取り乱す様子を見て夫も反省し、今後女性とは一切関わらないと約束し、目の前で女性の連絡先を消してもらいました。 その後私は食事も睡眠も、まともにできない日が続きましたが、居心地の悪い家ではまた夫が浮気してしまうのではと案じ、できるだけ普段どおり接するように心がけました。
私のそのような努力もむなしく、ある日夫から「相手の女性と連絡を絶ってしまいつらい。彼女のことが本気で好きだ」などと言われました。驚きと衝撃とそんなことを私に告げる夫に対する腹立たしさで頭がパニックになり、何も言葉が出ませんでした。でもつい最近まで、穏やかで幸せな生活を共にしていた夫と離婚する決断などすぐにできるはずもなく、彼女と一切プライベートで会わないでほしいと念押しするだけで終わりました。

彼女への思いを告白されてから、さらに眠れなくなり動悸などの症状も出てつらいことを夫に伝えました。すると夫も謝るのですが、相手のことのほうが好きだなどと言います。しばらくして、なんとなく隠し事をしているような雰囲気を感じとったので、夫の車にGPSをつけてこっそり調べると、夫は私との約束を破り、毎日欠かさず相手の女性のお家へ通っていたのです。
朝は仕事前に彼女を迎えに行き、家でしばらく一緒に過ごした後2人で出勤、仕事が終われば彼女の家に直行し、2時間ほど過ごしてから私のところへ帰宅します。私の苦しみをよそに女性と関係を持ち続け、もう一度夫婦としてやり直したいという私の思いも踏みにじられ、憎しみの感情でいっぱいで気が変になりそうでした。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事