ここから本文です

バルサ生え抜きFW、セビージャ完全移籍が目前か。予定早まり冬移籍?

1/12(土) 8:13配信

フットボールチャンネル

1年でのJ1昇格を28日に決めていた湘南ベルマーレが、3年ぶり2度目のJ2優勝で喜びに花を添えた。ホームにファジアーノ岡山を迎えた29日の明治安田生命J2リーグ第39節で、後半終了間際に追いつかれながらも、今シーズンを象徴する粘り強さを発揮して1‐1のドローで逃げ切った。1年前はドイツでの充電も視野に入れていた曹貴裁(チョウ・キジェ)監督が一転して6年目の指揮を執り、これまでとは異なる「湘南スタイル」を発動させるまでの試行錯誤を追った。(取材・文:藤江直人)

【写真】バルセロナからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング

 バルセロナのFWムニル・エル・ハダディが、セビージャへ移籍する可能性が高まっている。スペイン『マルカ』が伝えた。

 ムニルはバルセロナ生え抜きの23歳。スペインの各世代別代表を経験し、2014年にはA代表デビューも果たした。

 しかし、スター選手をそろえるバルセロナでは出番が少なく、バレンシア、アラベスへのレンタルで経験を積んでいたところ。今季はバルセロナに残ったが、やはりコンスタントな出場機会を得るには至っていない。

 そこで、今季で契約満了となったあと、フリーでセビージャに加入することが噂になっていたが、どうやらこの冬にセビージャの一員となるようだ。

 『マルカ』によると、10日のコパ・デル・レイのあとでバルセロナとムニルの代理人が会談を行い、今冬の移籍を決めたという。

 ムニルにはアトレティコ・マドリーも関心を示していたが、セビージャの方が以前から熱心だったことや、出場機会のこともふまえて、移籍先を決めたようだ。

 契約満了間近ということで、移籍金は300万ユーロ(約3億7000万円)程度と見込まれている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事