ここから本文です

セスクのフランス移籍が決定。元同僚アンリが率いるモナコに加入

1/12(土) 4:10配信

フットボールチャンネル

 フランス1部のモナコは現地時間11日、チェルシーからMFセスク・ファブレガスを獲得したことを発表した。

【写真】チェルシーからもランクイン! プレイヤー能力値ランキング

 31歳のセスクは、バルセロナの下部組織で育ったあと、2003年にアーセナルへ移籍して大活躍。2011年から2014年は古巣バルセロナに復帰していたが、2014年にチェルシーに加入してイングランドに戻っている。

 チェルシーでもファンに愛される選手となったセスクは、今月5日に行われたFAカップのノッティンガム・フォレスト戦に主将として先発すると、試合後にはファンの声援に涙を流すシーンもあり、退団が確実視されていたところだ。

 モナコと2022年6月までの契約を交わしたセスクは、「質の高い若手と若い監督がいるチームに加入し、僕にとっては新しいプロジェクトだ。チームを助けるためにここに来た。スタートが待ち遠しい」とコメントしている。

 セスクの新天地となるモナコは、リーグアンで降格圏の19位に低迷している。指揮を執るのは、セスクにとってアーセナル時代のチームメートであるティエリ・アンリ監督だ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事