ここから本文です

【背番号物語2019】「#6」遊撃手のイメージが加速している好打者のナンバー

1/13(日) 11:02配信

週刊ベースボールONLINE

背番号は、ある選手が引退しても、またある選手に受け継がれていく。2019年も新たな後継者が誕生した。その歴史を週刊ベースボールONLINEで振り返っていく。

遊撃手の今宮も「2」から“移籍”

 迎えた2019年、ロッテの井口資仁監督と同様に、阪神で現役時代から背負い続けてきた金本知憲監督が退任したことで「6」が空席となった一方、ソフトバンクでは今宮健太が「2」から“移籍”。高校野球では「6」は遊撃手のナンバーで、二塁手で「4」の川島慶三、「5」へ“復帰”した三塁手の松田宣浩とともに、ソフトバンクでは高校野球と同じ並びの内野陣が整いつつある。

 古くは小山正明やスタンカなどの好投手もいた「6」だが、圧倒的な少数派。近年は中日の井端弘和、現役では西武の源田壮亮ら、プロ野球でも遊撃手のナンバーというイメージが加速している。現役の「6」で遊撃手の筆頭格は巨人の坂本勇人だろう。巨人ではV9戦士の土井正三、首位打者2度の篠塚利夫(和典)ら巧打の二塁手から通算犠打の世界記録を更新した遊撃手の川相昌弘を経て坂本が継承したことで遊撃手のイメージが定着した。

 ライバルの阪神では藤田平から和田豊ら遊撃手がリレー。ヤクルトでは名遊撃手の宮本慎也が長きにわたって背負い続け、その引退からは欠番が続いている。堅守だけでなく、犠打などの小技を兼ね備えている野球巧者が並ぶのも特徴だ。

【12球団・主な歴代「6」】
巨人 岩本章、土井正三、篠塚利夫(和典)、川相昌弘、坂本勇人☆

阪神 景浦将、小山正明、藤田平、和田豊、金本知憲

中日 野口明、井上弘昭、落合博満、井端弘和、平田良介☆

オリックス 石井晶、大橋穣、熊野輝光、田口壮、宗佑磨☆

ソフトバンク スタンカ、国貞泰汎、新井宏昌、湯上谷宏、今宮健太☆(2019年~)

日本ハム 皆川定之、青野修三、柏原純一、田中幸雄、中田翔☆

ロッテ 佐々木信也、荒川博、落合博満、初芝清、井口資仁(監督)☆

DeNA 森徹、クリート・ボイヤー、高木嘉一(由一)、中根仁、白崎浩之

西武 中西太、鈴木葉留彦(治彦)、田辺徳雄、後藤武敏、源田壮亮☆

広島 川原政数、ライトル、小早川毅彦、梵英心、安部友裕☆

ヤクルト 赤木健一、中野孝征、永尾泰憲、水谷新太郎、宮本慎也

楽天 西谷尚徳、塩川達也、内村賢介、藤田一也☆
(☆は2019年)

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事