ここから本文です

間もなく日本発売の怪物4座クーペがお目見え! メルセデス・ベンツブース【東京オートサロン2019】

1/13(日) 10:01配信

WEB CARTOP

じつに639馬力/900N・mの強烈なエンジンを搭載

 2019年1月11日から13日まで千葉県・幕張メッセで行われる東京オートサロン。国産メーカーと同様な規模の大きなブースを構えていたのがメルセデス・ベンツだ。

走るシーラカンスと呼ばれた三菱のAMGモデルはコレだ!

 注目車種はなんといっても参考展示のメルセデス-AMG GT 63 S 4MATIC+である。関係者によると「ほんとうにもう間もなく」導入が発表されるという同車は、メルセデス・ベンツのパッセンジャーカーでもっともスポーティなAMG GTの4ドア4シーターモデルである。

 簡単なスペックを紹介すると、全長5054mm×全幅1953mm×全高1447mm。搭載されるエンジンは3982ccのV8DOHCツインターボで、最高出力は639馬力/5500-6500rpm、最大トルクは900N・m/2250-4500rpmという強烈なもの。この大トルクを車名にある4MATIC=4WD駆動でしっかりと路面に伝える。組み合わされるトランスミッションは9速ATなので、イージードライブも可能となるだろう。

 また、横に並べられるように置かれていたのは、2018年のスーパーGT・GT300クラスで、黒澤治樹選手&蒲生尚弥選手のドライブにより、チャンピオンを獲得したLEONレーシングのメルセデス-AMG GT3だ。2017年シーズンはグッドスマイル 初音ミク AMGがタイトルを獲得しており、まさに最強のマシンが会場で拝めるのだ。

話題の「ハイ、メルセデス」体験も可能

 それ以外はすべて市販車を並べている同ブースだが、そのなかでも注目は登場したてのAクラスである。メルセデス・ベンツ・ブランドとしては最小となるAクラスは、最新のインフォテインメントシステムである「メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス(MBUX)」を搭載していることが話題だ。

 具体的には「Hi Mercedes(ハイ、メルセデス)!」と話しかけ、「ちょっと寒い」「カフェに行きたい」といった具合に、決められたキーワードではなく人間と会話するように音声を発することでエアコンの調整やナビの案内をしてくれるシステムだ。ぜひ乗り込んで体感してほしい。

 そのほか、AMGモデルとしては、メルセデス-AMG GLC 63 S 4MATIC+、メルセデス-AMG E 53 4MATIC+の2台を出展。標準的なメルセデス・ベンツ車は、C 180 アヴァンギャルド、V 260 ロング、CLA 45 4MATICクーペを並べている。

 そして女性にぜひ見て欲しいのがスマートブランドの2台。どちらも市販モデルであり、スマート BRABUS フォーフォー エクスクルーシブはコンパクトなボディに、0.9リッターターボエンジンをリヤに積んだRRの4座小型車だ。

 もう一台はさらに小さなボディの2座仕様、スマート フォーツーをベースにした期間限定車、スマート フォーツー edition / MICKEY THE TRUE ORIGINAL。ディズニーのキャラクター「ミッキーマウス」のスクリーンデビュー90周年と、スマートのデビュー20周年のアニバーサリーイヤーを記念して誕生したコラボモデルである。シートのミッキー柄や外装のラッピングなどはファンにとってたまらないはず。ディズニーファンは現地でチェッックしてほしい。

WEB CARTOP編集部

最終更新:1/13(日) 10:01
WEB CARTOP

記事提供社からのご案内(外部サイト)

クルマの「知りたい」を完全網羅
新車試乗・最新技術・お役立ち情報 etc……
すべてがわかる自動車メディアの決定版

あなたにおすすめの記事