ここから本文です

婚活男性はココを見ている!結婚したいなら「海外旅行が趣味」というのをやめて

1/13(日) 17:01配信

Suits-woman.jp

婚活をすると「趣味は何?」と聞かれることも多くなります。婚活サイトや結婚相談所のプロフィールを拝見しても、旅行が趣味と書いている女性は非常にたくさんいらっしゃいます。でも、結婚相手を探している男性から見て、海外旅行好きはどう見えるか考えてみたことはありますか?

お断りするのは損!条件はいいけど見た目が全く好みじゃない男性との付き合い方

「ワイン好き」「海外旅行好き」は贅沢好きで金がかかる女のイメージ

こんにちは。恋愛・婚活コンサルタントの菊乃です。

婚活サイトや結婚相談所などで活動している婚活中の女性達のプロフィールを見せていただくと、趣味の欄に「海外旅行」と書いている方がとても多いのです。その都度、ヒアリングをして他の趣味と差し替えを提案しています。

私も海外旅行は好きですし、もちろん行くことが悪いというわけではありません。

ただ会ってもいない相手がそのプロフィールを見て、結婚相手として興味があるかどうか判断するのです。彼女や友だちではなく、家計を共にする相手として探している場合、金銭感覚が自分と大きくずれていそうな女性は会いたいとは思われにくいのです。

男性が高コスト体質と感じる女性の趣味の代表が、「海外旅行」「ワイン」「買い物」です。ビールとグラスワインならばビールの方が高いお店が多い気もしますが、なぜか男性にとってワインは高級品というイメージ。

高収入の男性ほど、高コスト体質な女性を嫌います。ご自身のプロフィールは、客観的にどんな印象か一度見直しましょう。

お金がかかるイメージと実際にお金がかかるかは別問題

「お金がかかりそう」というのは、その趣味に詳しくない人からのイメージです。

「趣味はマラソン」と聞けば、ただ走るだけだしお金がかからなそう思う方もいらっしゃるでしょう。では、実際はどうでしょうか?あちこちのマラソン大会に出場していて、毎年結構な額を出費している方もいるでしょう。全国各地で開催されるマラソン大会の時は、普通のビジネスホテルが1泊数万円ぐらいに高騰することもあり、1つの大会に出るのに近場の国に行けるぐらいのコストがかかっているのかもしれません。

女性も同じで、「貯金がなさそう」と思ってしまう男性はいませんか?クルマ好きとか、時計好きってお金がかかりそうなイメージはないですか?

服装に無頓着で食事にこだわっている感じもないけれど、新しい機種が出るたびにスマホを変えているとか、全く高級には見えない何かをコレクションしているとか、どこにどんな風にお金を使っているのかはわかりません。

男女ともそうなのですが贅沢そうなイメージの趣味と、実際の金銭感覚はまた異なります。その趣味のためにお弁当を作って持っていっているなどのやりくりをなさっているのならば、婚活ならやりくり上手な方が高ポイントなので、そちらをアピールしましょう。

1/3ページ

最終更新:1/13(日) 19:35
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事