ここから本文です

グーグル、Chromebookのセキュリティを高める「USBGuard」機能を導入

1/13(日) 8:00配信

Forbes JAPAN

USBポートを悪用したサイバー攻撃は広く知られている。サイバー犯罪者が悪質なマルウェアをUSB経由で送り込むことで、ネットワーク全体をダウンさせる事例も起きている。ほんの数秒の攻撃で、長期間にわたるダメージを与えることも可能だ。

グーグルはこの攻撃から同社のPC「Chromebook(クロームブック)」の利用者を守るため、新たな機能を導入した。同社はChromeのOSにアップデートを加え、USBポート経由の攻撃を防ごうとしている。

USBGuardと呼ばれる新機能でグーグルは、Chrome OSがロック状態の場合、USB経由でのファイルの侵入を防いでいる。USBに接続されたデバイスへの給電は可能だが、外部からのコードの侵入をUSBGuardが食い止めるのだ。

もちろん、USBGuardがあったとしても、攻撃を完全に防げる保証はない。マシンから目を離した一瞬の間に、サイバー犯罪者がUSBでマルウェアを送り込むこともあり得るだろう。しかし、USBGuardの導入により被害に遭う確率を減らせることは確実だ。

USBGuardはクロームブックの次期アップデートで実装される予定だが、希望者は「chrome://flags」のページからテスト版のトライアルが可能だ。

USBGuardのコンセプトは、アップルがiPhoneやiPadに導入したセキュリティ施策に類似したものだ。iPhoneやiPadが1時間以上アイドル状態だった場合、USBデバイスを接続する際には、iOSのロックを解除することが必須になっている。

Lee Mathews

最終更新:1/13(日) 8:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2019年6月号

株式会社アトミックスメディア

2019年6月号
4月25日(土)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。記事の保存や閲覧履歴チェック、プレゼントへの応募も可能に。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事