ここから本文です

ミスIDでデビュー、セーラーマーキュリー役や舞台「FGO」出演で注目を集める女優・川村海乃の魅力に迫る<原石美女インタビュー>

1/13(日) 21:00配信

ザテレビジョン

ミスID2017を受賞し芸能界デビューした川村海乃(22)。2018年は「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)や「美少女戦士セーラームーン」のパフォーマンスショー("Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live・セーラーマーキュリー/水野亜美役)、AbemaTVの恋愛リアリティーショー「恋愛ドラマな恋がしたい」をはじめ、様々なジャンルの話題作やCMに立て続けに出演し、2019年1月11日からは「Fate/Grand Order THE STAGE -絶対魔獣戦線バビロニア-」で「エレシュキガル」役を演じる。

【写真を見る】透明感抜群! 川村海乃の撮り下ろしグラビア40枚

一見華やかな雰囲気の彼女だが、デビュー前は、自分の外見に無頓着でメイクもしたことがなかったという。芸能界に入り約2年間で劇的な変化を遂げた彼女に、デビューのキッカケから、パーソナリティ、女優としての仕事の話まで語ってもらった。

■ 少しずつメイクも自分で出来るようになって

――デビューのキッカケを教えてください。

ミスID2017を受賞させていただいて、そのご縁で今の事務所の方に声をかけていただきました。

――それまではどんな生活をしていましたか?

家が美術系の一家で、私も美術系の学校に通っていました。絵を描いたり、3Dで設計図を作ったりしていました。車やバイクが好きで、そのデザイナーになろうと思って、就活もして、内定もいただいていました。

――ミスIDに応募しようと思ったキッカケは?

すごく仲のいい友達に、もったいないから1回なんでもいいから応募してって言われたのがキッカケです。ちょうど好きなイラストレーターの岸田メルさんが審査員をやられているということで、ミスIDに応募しました。その時は化粧も全然したことがないくらい、自分の外見に対して無頓着だったので、東宝シンデレラオーディションみたいなキラキラしているものは敷居が高くて(笑)。書類審査に写真を貼るんですけど、ちゃんと化粧した写真が就活のときの証明写真しかなくて、それを貼って出しました(笑)。

――その書類が通ったんですね。

そうですね。どうせ落ちるだろうって思っていたら、カメラテストに呼ばれました。カメラテスト前にお化粧勉強しなきゃと思って、でも何が必要か分からなかったから、薬局で一番安い化粧品を端から端まで買いました。火傷をしたり、友達から「このメイク何?」って言われたりしつつ、ひと夏をかけて少しずつメイクも自分で出来るようになって、自分が可愛く見えるってこういうことなんだなって思えるようになりました。髪も切りっぱなしじゃいけないんだとか(笑)。

――確かに、オーディションの時と今では髪型も変わっています。

ミスIDを受けているときは、課題が忙しくて朝3時に寝て、6時に起きて学校に行くみたいな生活をしていたので、寝てなくて顔もむくんでいました(笑)。髪も、学校の課題が忙し過ぎて、ドライヤーをかける時間がもったいなくてベリーショートにしたことがあって、オーディションのときは、その名残でちょうどボブに落ち着いたころでした。

――オーディションの動画では、昔は自分に自信がなかったという話もされていました。

中学が若干荒れていて、小学校の時に仲良かった子がみんな私立に行っちゃって、本ばっかり読んでいたら浮いてしまって、少ししんどい学生時代を過ごしました。でも、専門系の学校になると、個人で楽しくやっている人が多くて、少しずつそれがほぐれていきました。そのタイミングで、オーディションの機会もいただいたので、運命ってあるんだなって思いました。

――デビューまでが本当に運命的ですね。本ばかり読んでいたということですが、昔から読書がお好きなんですね。

学生の頃は年間500冊くらい読んでいました。日本の小説も海外の翻訳小説もライトノベルも漫画も好きです。今、家の本棚が足りなくて、段ボールに詰めて沢山積まれている状態です(笑)。

――好きな作家さんはいますか?

日本人の作家さんだと三浦しおんさんが好きです。でも、あまり作家買いをしないというか、表紙を見て買っちゃうことが多いですね。「伊豆の踊子」とか「雪国」とかって毎年表紙変わったりするので、同じ本を買っちゃったりします(笑)。海外の作家さんだとレベッカ・ブラウンという方が好きで、しんどい時によく読んでました。情緒的で柔らかいところにぐっさりくる感じの文章を書かれる方で、辛いときに読むと気持ちの整理がつきますね。

――ライトノベルや漫画、アニメなどで好きな作品をあげるとしたら?

「セーラームーン」は、アニメも漫画も好きでした。ライトノベルからオタクになったのもあり、「灼眼のシャナ」はずっと好きですね。雑誌だと電撃大王は中学生からすごく好きでした。ジャンプも好きで「ワンピース」とか王道のものも読みます。

■ 「絶対嘘だ」って思いました

――セーラームーンはパフォーマンスショー「"Pretty Guardian Sailor Moon" The Super Live」に出演されていました。出演が決まったときはどんな気持ちでしたか?

最初に決まったときは「絶対嘘だ」って思いました。学生の頃にミュージカルを見ていて、すごくキラキラしていて、でも、ちょっと怖いシーンもあったりして好きな作品だったので、まさか自分が演じさせてもらうことになるとは思わなくて。でも、オーディションを経て稽古をやっていくうちに、あぁ、これホントなんだ、現実なんだって思いました。

―実際に舞台に立ってみてどうでしたか?

すごく楽しかったですね。憧れていたキャラクターになれたというのもありますが、自分がそのキャラクターとして、うさぎちゃんと接したときに、自分を通って気持ちが出てくるというか、本当に自然に感情が浮かんだ時にすごいことだなって思いました。決められたセリフはあるんですけど、それ以外のところは割と自由度が高いところも多くて、自分でも思ってもいないセリフとか動きが出たりもしました。

――やっていて、大変だったことはありますか?

私はクラシックバレエをやっていたんですけど、ヒップホップとかポップスっぽいダンスの経験が全くなかったので、リズムのとり方が分からなかったりしました。どんどんみんなが仲間になっていくから、余計に迷惑をかけたくない気持ちが出てきてしまって。でもみんな最後まで手を伸ばし続けて「大丈夫だよ」って言ってくれました。前世からの縁があるようなキャラクターなんですけど、それくらい親密な関係になりました。

――反響はどうでしたか?

熱心なファンの方が多いので、こっちも緊張して、最初幕があがるまでは認めてもらえるだろうかという気持ちもありました。でも、みなさん初日のハイタッチ会やSNSで暖かい言葉をかけてくださったり、お手紙を書いてくださる方もいてすごく嬉しかったです。「初日に来たけどもう1回会いたくて来ました」という方や、地方から高速バスで来ましたっていう方もいたりして、時間とお金を使ってもう一度私に会いに来てくれたっていう事実が本当に誇らしいですし、頑張ってよかった、報われたなっていう気持ちになりました。私もこの作品を演じることによって作品自体がものすごく大好きになったので、同じ好きっていう気持ちを持っている人によかったって言って貰えて、繋がれた気がして嬉しかったです。

■ 愛情深くあれる人をやってみたい

――舞台を通して素晴らしい体験を沢山されましたね。川村さんの目標とする女優さんはいますか?

花晴れ(「花のち晴れ~花男 Next Season~」)で共演した杉咲花さんは脳裏に焼き付いています。本当にお芝居がうまくて、立場的には花ちゃんのことをいじめたりしなきゃいけないんですけど、感情移入してかわいそうになってくるくらいすごい力を持った役者さんで、こうなりたいなって思いました。芝居をするっていうことに対しての意識が変わりました。あと、本当に素敵な方で、撮影で寒い日があったときに、自分も寒いのに、当たり前のように私にカイロをくれて。ドラマでは助けてもらう場面があったんですけど、お芝居にもそういう根のやさしさが出るものだな、作るものじゃないんだなって思いました。

――今後、やってみたいお仕事は?

今はお芝居ですね。Fate(「Fate/Grand Order THE STAGE -絶対魔獣戦線バビロニア-」)の舞台の演出家の方が、お芝居について明確に指導してくださる方で、もやがかかっていた視界が一気にクリーンになりました。お芝居がとてもやりやすくなったので、もっと勉強したい、もっとお芝居をしたいって思っています。ドラマにも出たいですね。

――どんな役をやりたいですか?

誰かのことをすごく愛情深くあれる人をやってみたいです。そういう感情を持っている役をやれたらきっとすごく楽しいし、難しいだろうけど、やりがいがあるんじゃないかと思っています。(ザテレビジョン)

最終更新:1/13(日) 21:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン9号
2月20日

定価:380円

あなたにおすすめの記事