ここから本文です

ホンダ クロスカブ110改〈ルアマガ〉:ライド&キャンプ&フィッシング仕様にカスタマイズ

1/18(金) 16:40配信

WEBヤングマシン

フィッシングショー2019 in 横浜で1/20まで展示

年中無休でゴリゴリのバイク情報をお届けしている『WEBヤングマシン』だが、今回はちょっと脱線。我々にとって兄弟関係にある”釣り”に関するネタをお届けしよう。

【写真をまとめて見る】

──────────

バイク好きには釣り好きもけっこう多い!?(当社推測)

当社(内外出版社)では、『ヤングマシン』を始めとしたバイク雑誌以外に、クルマや釣りに関する雑誌も発行している。そのうち『ルアーマガジン』等を擁する釣り部門が、横浜で本日より開催されている日本最大級の釣りイベント「ジャパンフィッシングショー2019」にて「ルアマガ」ブースを出展。その一環として、釣り仕様にカスタマイズしたホンダ・クロスカブが展示されている。

そもそも、今回なぜルアマガブースにクロスカブが展示されることになったのかというと、昨年2018年の新型クロスカブ発売後、弊社が刊行する渓流トラウト釣り専門誌『ルアーマガジン・リバー』において、クロスカブを活用した釣行取材企画を手がけることになったのがきっかけ。

この企画を担当したスタッフ・櫻井伸樹氏が自らバイクを駆りつつ野宿キャンプ&渓流釣りを楽しむ姿に、我々一同大いにインスピレーションを受け、その自由奔放なフィッシング&アウトドアスタイルをぜひフィッシングショーで提案したいと考えた次第だ。

バイク×キャンプ×釣りを自由に“クロス“するクロスカブ

この釣り仕様クロスカブには、櫻井氏の考える”ライド&フィッシュ”のイメージを具現化すべく、渓流釣りで釣り場にアクセスするための走破性・安全性・積載性を高めることを意識。以下のカスタムパーツをセレクトし、モトショップ・ストラーダ(東京・府中)に製作&チューニングを依頼した。市販パーツのみの簡易カスタマイズとはいえ、なかなかに実用的かつスパルタンな1台に仕上がったのではないだろうか。

TS802ブロックタイヤ[ティムソン]
ロッドケースキット(釣り竿を立てた状態で積載)
グリップヒーターSP120[以上エンデュランス]
アップマフラー
アンダーフレームキット
ヘッドライトガード
フロントキャリア
アルミセンターキャリアキット[以上スペシャルパーツ武川]

1/2ページ

最終更新:1/18(金) 16:49
WEBヤングマシン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ヤングマシン

内外出版社

2019年03月号
1月24日発売

定価880円(税込)

マシン・オブ・ザ・イヤー結果発表
新型ハヤブサ&CBR1000RRスクープ
MotoGP18年総括&19年展望
神名車・カワサキZ1R

あなたにおすすめの記事