ここから本文です

森保ジャパン、ウズベク撃破でグループF首位通過!! 決勝T1回戦の相手は中東勢に!

1/18(金) 0:22配信

SOCCER DIGEST Web

先制を許す苦しい展開となるが…

 アジアカップのグループリーグ第3戦・日本代表対ウズベキスタン代表は1月17日、UAEのハリファ・ビン・ザイード・スタジアムで行なわれ、2対1で日本が勝利し、グループ首位通過を決めた。

【PHOTO】日本代表戦を彩る美女サポーターたち

 ともに2連勝で決勝トーナメント進出を決めている日本とウズベキスタン。日本は勝利すればグループリーグ首位通過、引き分け以下に終われば同2位通過となるシチュエーションで迎えた一戦は、第2戦から北川航也を除く先発10名を入れ替えて臨んだ。

 試合は、多くの時間帯で日本がボールを支配する展開となり、ロシア・ワールドカップ以来の出場となった乾貴士を中心に相手ゴール前に押し込む。

 しかし再三の好機を逃すと、40分、カウンターからウズベキスタンのショムロドフの突破を許し、最後は右足のシュートを決められてしまう。日本は、ウズベキスタンに先制を許す展開となった。

 それでも日本もすぐに反撃。43分、室屋成からのクロスに武藤嘉紀が飛び込み、ヘディングでネットを揺らす。日本がすぐさま同点に追いつく。

 1-1で折り返した後半、日本はメンバーの交代なくスタート。後半も日本がボールを支配するなか、ウズベキスタンがカウンターを狙う展開となるが、58分に日本が勝ち越し。右サイドの室屋のクロスが混戦からこぼれると、このボールに反応した塩谷司が左足のミドルを突き刺す。日本が地元アル・アインの選手である塩谷のゴールで2-1と逆転に成功する。

 日本はその後、ウズベキスタンの反撃を受けながらも、シュミット・ダニエルの好セーブなどでゴールを割らせない。結局、試合は2対1でタイムアップ。日本がウズベキスタンを下し、グループFの首位通過を決めた。

 これで、日本の決勝トーナメント1回戦(21日)の相手は、グループEの2位チームとなり、カタールもしくはサウジアラビアの中東勢となった。グループEの最終戦では、カタールとサウジアラビアが直接対決となる。

 その後行なわれたカタール対サウジアラビアは、2対0でカタールが勝利。日本の決勝トーナメント1回戦の相手はサウジアラビアに決まった。

最終更新:1/18(金) 12:12
SOCCER DIGEST Web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事