ここから本文です

2話で急落『いだてん』に挽回あるか? スタート失敗ドラマの行方

1/19(土) 17:06配信

FRIDAY

大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』をデータで細密分析する 鈴木祐司(メディア・アナリスト)

始まったばかりの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』。
初回の視聴率15.5%(ビデオリサーチ調べ・関東地区/以下同)は歴代ワースト2位。しかも2話で視聴率12.0%と急降下してしまった。初回から2話へ視聴率の下落率22.6%は大河史上今世紀最大だ。

『八重の桜』(2013年)は、初回21.4%を受け2話が18.8%と12.1%(下落率)を失った。そして年間平均視聴率は15.8%。出だしでつまづいた後、挽回できずに終わっていた。

『花燃ゆ』(15年)の場合も、初回16.7%・2話13.3%で下落率が19.8%と『いだてん』登場までの最大値だった。年間平均視聴率も12.0%の歴代最低に終わった。スタートダッシュでの失敗が尾を引いた格好だった。

その『花燃ゆ』より初回が低く、2話での下落率が大きい『いだてん』は、相当苦しいスタートを切ってしまったと言わざるを得ない。

土砂降りのような番宣…直前3日間に13時間超!

そもそも『いだてん』は、2020年東京オリンピックの前年に、オリンピック噺を1年かけて展開するタイムリーな放送だ。

しかも13年度上期の朝ドラ『あまちゃん』と、スタッフや出演者が多く重なる。『あまちゃん』が朝ドラの流れを変えたように、『いだてん』も画期的な大河ドラマになることを期待されていた。

放送の直前、NHKは番宣にも例年以上に力を入れた。
スポットやミニ番組が大量に投入された他、特別番組や通常番組とのコラボで、直前3日間に13時間を超える番宣番組が放送された。

『カウントダウン!大河ドラマ』(3日昼と4日深夜)
『ごごナマ いだてんSP』(4日午後)
『チコちゃんに叱られる コラボスペシャル」』(4日夜と5日朝)
『ファミリーヒストリー 宮藤官九郎』(4日夜と6日午後)
『いだてんが駆け抜けた時代』(4日夜)
『あなたが主役50ボイス』(4日深夜と6日昼)
『メイキングオブ大河ドラマ』(5日午前)
『いだてん×ラン×スマ』(5日夕方)
『ダーウィンが来た! コラボSP』(6日夜)

ところがこうした努力の甲斐もなく、初回視聴率は歴代ワースト2位。担当者の衝撃は、かなり大きかったであろう。

1/3ページ

最終更新:1/20(日) 0:02
FRIDAY

あなたにおすすめの記事