ここから本文です

大坂なおみ、勝利後に犯した“痛恨フォルト”に海外笑撃「爆笑」「ナオミは面白い」

1/19(土) 16:03配信

THE ANSWER

試合後、客席に投げ込もうとしたタオルが…「フォルト」の声も

 テニスの4大大会・全豪オープンは19日、女子シングルス3回戦で世界ランク4位の大坂なおみ(日清食品)が同27位の謝淑薇(台湾)に5-7、6-4、6-1で逆転勝ち。2年連続の16強進出を決めたが、試合後に犯した“痛恨フォルト”が話題になっている。客席に投げ入れようとして力強く投げたタオルが風に流されて届かず落下。なんともシュールなシーンを大会公式が動画付きで紹介し、海外ファンに「爆笑」「可愛い」「投げ方は良かった、風が問題だった」と笑撃が走っている。

【動画】これが“痛恨フォルト”の瞬間! 風に流され、最後は互いに顔を見合わせ…大坂が演じた笑撃の“タオル投げ失敗”の実際の様子

 難敵の謝に苦戦しながら、最後はらしさを発揮し、圧倒した大坂。メルボルンに詰めかけたファンを沸かせたが、試合後によもやの展開が待っていた。応援してくれたファンに感謝を示そうとタオルを投げ入れようとした。普段は強烈なショットを繰り出す右腕をオーバーハンドで振り、客席に向かって投げた次の瞬間だった。

 高々と舞ったタオルは吹いていた風に流され、客席に届くことなく、フェンス際に落下。投げた大坂も捕ろうとしたファンも視線を送り、最後は互いに表情を見合わせてなんとも言えない空気が流れていた。大会公式ツイッターは「的を外した時」とユーモアたっぷりに実際のシーンを動画付きで公開。ファンを笑わせている。

海外ファンも笑顔「爆笑」「可愛い」「ナオミは面白いな」

「爆笑」
「可愛い」
「ナオミは面白いな」
「投げ方は良かった、風が問題だった」
「なぜ何人かの選手は投げずに手渡すのかわかった」

 海外ファンからこのようにコメントが相次ぎ、日本人ファンも「フォルト」とツッコミを入れていた。これまでも天真爛漫なインタビューなどでファンのハートを鷲掴みにしてきた21歳。試合は全米女王の貫録を発揮し、強さを見せた大坂だったが、ラケットをタオルに持ち替えては思い通りに操ることはできなかったようだ。

THE ANSWER編集部

最終更新:1/24(木) 18:04
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事