ここから本文です

韓国は8強敗退…日本は? シャビのアジア杯開幕前予想、16強の「81%的中」と話題

1/20(日) 8:20配信

Football ZONE web

81%の確率で16強進出を当てたシャビは、森保ジャパンの決勝進出を予想

 バルセロナで活躍した元スペイン代表MFシャビ(アル・サッド)は、その優雅なプレーから時に味方や敵がどのように動くか、あらかじめ分かっていたのではないかと思わされることもあった。ピッチ上で、相手の動きを先読みしていた慧眼の司令塔は、現役引退後もサッカーでは何が起こるのかを分かっているのかもしれない。韓国のスポーツ総合サイト「スポータルコリア」によると、UAEで開催されているアジアカップでは、シャビの大会開幕前の予想が次々と的中しているという。

【一覧】アジアカップ2019 「決勝トーナメント組み合わせ」

 大会の開幕が近づく2018年末、カタールのニュース番組に出演したシャビは、アジアカップの大会結果を予想したという。アジアカップでは18日までに決勝トーナメント進出チームが出揃ったが、ここまでの結果とシャビの予想を照らし合わせると、驚くべき的中率を誇っていることが分かった。

 決勝トーナメント1回戦の対戦カードを見ると、「韓国vsバーレーン」「カタールvsイラク」「UAE vsキルギス」「オーストラリアvsウズベキスタン」「ヨルダンvsベトナム」「日本vsサウジアラビア」「タイvs中国」「イランvsオマーン」となっている。

 シャビは決勝トーナメント1回戦の対戦カードを、それぞれ「韓国vsオマーン」「カタールvsイラク」「UAE vsイエメン」「オーストラリアvsウズベキスタン」「シリアvsバーレーン」「日本vsサウジアラビア」「タイvs中国」「イランvsレバノン」と予想していた。日本とサウジアラビアの一戦など4カードを的中させ、シャビが予想したイエメン、シリア、レバノンの3カ国はグループリーグで姿を消したが、16強進出チームを81%の確率で当てている。

 アジアでは多くの国が力をつけており、予想を当てるのは以前ほど簡単ではない。そのなかで、高い的中率を見せているシャビは、この先のアジアカップがどのような大会になると予想しているのか。

1/2ページ

最終更新:1/20(日) 21:45
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事