ここから本文です

あの「高畑裕太」に恋人発覚 お相手は紅白“米津玄師コラボ”ダンサー

1/20(日) 17:00配信

デイリー新潮

 女優・高畑淳子の息子の裕太(25)が、ホテルの従業員への性的暴行で逮捕されたのは、およそ2年前のこと(不起訴)。いまだ叶わぬ表舞台のそのウラで、ひそかに恋を育んでいた。

【写真】居酒屋の外で裕太を待つ菅原小春

 ***

 1月18日、裕太の姿は都内某所のライブハウスにあった。21時半頃、6人組が店を後にし、近所の居酒屋へと向かう。最後尾を歩くのは裕太。そしてよくよく見れば、先頭を歩くのはダンサーの菅原小春(26)だ。昨年末の「紅白歌合戦」では、徳島県から中継した米津玄師の出演時にパフォーマンスを披露し、話題を呼んだ。

「実は裕太さんと菅原さんは、昨年3月頃から交際しているんです」

 と明かすのは、舞台関係者。実はこの日、先のライブハウスでは菅原の姉であるタテジマヨーコが出演するイベントが行われていた。のちにギターケースを抱えたタテジマも合流したことから、“妹の彼氏”も交えての打ち上げというところだろうか。

 日付が変わって、午前1時過ぎ。菅原がひとり居酒屋を出て、流しのタクシーをつかまえた。乗り込むも発車はせず。追いかけるように遅れて裕太が現れ、ドア越しに菅原と言葉を交わす。他のメンバーの目を忍んでの、つかの間の“逢瀬”。その後タクシーは走り出し、裕太は夜の街を歩き出した――。

 当人たちは何と答えるか。菅原サイドは本人に代わり、姉が「(交際しているか)私の口からは言えません」と答える。一方の裕太も、本人ではなく母の淳子が対応し、こうほのめかすのだ。

「もう、いい大人ですから……」

 関係者の間では“結婚”の2文字もちらつく2人の関係。1月24日発売の週刊新潮では、裕太と菅原のツーショットと併せ、詳しく報じる。

週刊新潮WEB取材班

2019年1月20日 掲載

新潮社

最終更新:1/20(日) 20:51
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

あなたにおすすめの記事