ここから本文です

17歳の注目女優・高橋ひかるがハマった!女子旅におすすめのハワイの癒されスポットは?

1/21(月) 17:36配信

ザテレビジョン

2019年1月号から「Ray」専属モデルとしても活躍する女優・高橋ひかる(※「高」は正しくは「はしご高」)が“シンデレラ”となり、短期間の女子旅を満喫するBSスカパー!のトラベル番組「シンデレラの冒険」。#1の山陰・瀬戸内、#2のオーストラリアに続き、1月31日(木)放送の#3で高橋が訪れたのは、海外旅行の定番・ハワイ。誰もが羨ましくなるような魅力満載のハワイ旅行を体験した高橋に、スポット、アクティビティ、グルメの“私的ベスト”を聞いた。

【写真を見る】高橋がオススメするハワイのスポット、アクティビティ、グルメは?

今回で3回目の旅になります。この番組での旅は高橋さんにとってどんな時間になっていますか?

「『シンデレラの冒険』という番組名ですけど、本当に魔法にかかったような、非現実的な時間をいただいていると思います。国内の旅でも新しい発見がありましたし、海外ではなおさら知らないことがたくさんありました。訪れた先で知る人の優しさ、景色の素晴らしさ、食べ物のおいしさ…と、いろいろなことを感じられて、私にとってまさに“冒険”ですね」

ハワイの旅に出かけたのはいつ頃でしたか?

「昨年の11月中旬でした。もともと常夏のハワイは、いつ訪れてもベストシーズンだということは聞いていたんですけど、本当にその通り。ちょうど東京が寒くなり始めていた頃だったのでワクワクしながら向かったら、ハワイの空港のゲートを出た瞬間から空気が暖かくて、すでに別世界でしたね」

今回の旅を振り返りながら、高橋さんがおすすめするスポット、アクティビティ、グルメを教えてもらえますか?まずはスポットから。ハワイには絶景の名所がたくさんあったと思いますが…。

「う~ん、ちょっと選びきれないのでオワフ島とハワイ島でひとつずつでも良いですか(笑)。オワフ島はクルーザーで向かった“天使の海”です。海の中にそこだけ真っ白な浅瀬があるという絶景スポット。海の深さによって白い色が変わっていて、どこを見ても飽きないんです。ハワイ島だと“フィッシュポンド”ですね。お魚用の池に見えるんですけど、世界3大パワースポットのひとつと言われている有名な場所で、枯れていないのに白くなっている流木があったり、折れているようだけど空に向かって伸びている木があったり、すごく生命力を感じたんです。私も最初は半信半疑でしたけど、あそこだけ空気が違いましたね」

印象に残っているハワイのアクティビティはありますか?

「ヨガがすごく楽しかったです。普通にハワイを楽しむならショッピングをしたり、ビーチに行ったり…というのがメインになるので、『ハワイでヨガをやる必要はないんじゃない?』と思われるかもしれないんですけど、日本でやったときよりもリラックスできて、ヨガに没頭できている気がしました。ハワイといういつもと違う場所だからこそ、自分がその場で考えること、感じるものが違って、終わった後は身も心もスッキリしていましたね」

ハワイのグルメについても教えてください。今回の旅に出発する前に「本場のパンケーキを絶対に食べたい!」と言っていたそうですね。

「そうなんです!パンケーキとアサイーボウルはやっぱりハワイが本場なので、ぜひ食べてみたいなと思っていて。『Sunny Days』というお店のパンケーキは生地がすごくフワフワ、生クリームも甘すぎない絶妙なバランスで、さすが本場!と思いました(笑)。ただ、これからハワイに行く方には『モケズ』というお店の“ロコモケ”をおすすめしたいんです。ライスの上にリブステーキと目玉焼きが乗っていて、グレービーソースがかかっている料理なんですけど、ステーキのお肉がすごく柔らかくて、牛骨を8時間煮込んでいるグレービーソースも塩気が効きつつクリーミーで…もう最高!日本ではまだあまり知名度がない料理だと思うので、ハワイに行ったらぜひ試してほしいです」

今回のハワイ旅も弾丸ツアーのように感じましたが、忙しくなかったですか?

「『シンデレラの冒険』のコースはぎっしりではあるんですけど、全然苦しくないですし、体力にあまり自信がない私でも心から楽しめました。そのまま真似してもらえば最高の旅になると思いますし、ほかに行きたいところがある人はこのコースをベースにしてちょっとずつアレンジしてもらっても良いかもしれないですね」

高橋さんが旅をしている映像を見て、スタジオMCのパンサーの3人も「いいな~」「これ最高っ!」と連呼していました。ここまで羨ましそうに連呼しているのもこの番組ぐらいだと思います。

「たしかにそうですね(笑)。私が本当に純粋に旅を楽しんでいるのが伝わっている…のかな?番組を見てくれた方もハワイに行ってみたいと思ってもらえるとうれしいです!」

文=山崎ヒロト(Heatin' System)  撮影=有本真大(ザテレビジョン)

最終更新:1/21(月) 17:36
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン30号
7月17日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事