ここから本文です

仮面YouTuberラファエル、ガイドラインに違反 200万人超えチャンネル凍結

1/22(火) 22:44配信

KAI-YOU.net

1月22日、YouTuber・ラファエルさんのメインチャンネルが停止(BAN)されていることがわかった。

【画像】凍結されたラファエルさんのチャンネル

チャンネル登録者数は200万人を超え、多くのファンや関係者に衝撃を与えている。

BAN発覚後、すぐにアップされたシバターさんの動画によると「ふつうの動画が消された」「対応中」とラファエルさん自身がシバターさんとの通話で語っており、停止された理由は明らかとなっていない。

「YouTubeのコミュニティガイドラインに違反」

ラファエルさんは「時給日本一ユーチューバー」を自称しており、常に仮面をつけてジャージという出で立ちで動画を投稿。

元・自衛隊所属という経歴を明かしており、購入/制作した武器の威力を試す動画、美女を街でナンパする企画、「時給日本一ユーチューバー」ならではの大金をつかった企画などが人気を博していた。

コンテンツの方向性としては全体的に過激なものが多く、現在停止されているメインチャンネルにアクセスした際にも「YouTubeのコミュニティガイドラインに違反していたため、このアカウントを停止しました」という文言が表示されている。

仮面YouTuberラファエル、度重なる炎上も

「顔出し」が当たり前となっているYouTuberとしては、素顔や素性のほとんどを隠して活動するラファエルさんは珍しい。

しかしながら時に過激な動画や活動によって、しばしば批判や炎上にさらされることもあった。

2017年、当時同じ事務所に所属していたヒカルさん、いっくんさん(禁断ボーイズ)とともに謝罪、当時3人が設立していた事務所・Nextstageに至った「VALU騒動」をはじめ、2018年12月にも「利回り80パーセント」をうたう水耕栽培への投資を推奨する動画なども、その真偽をめぐって炎上。

顔出しをしないことによる過激な動画投稿、グレーなコンテンツによって人気を獲得していた側面も大きく、今回のチャンネル停止が活動の方向性に与える影響は少なくないだろう。

なお、料理動画などをアップするサブチャンネルも運営しており、今後はこちらをメインチャンネルとして活動していく方針となりそうだ。

追記:チャンネルBANに関する謝罪動画がサブチャンネルでアップされ、活動方針の見直しを行うことも言及された。ラファエルさんの今後の動向が気になるところだ。

きのしたゆり

最終更新:1/30(水) 16:26
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事