ここから本文です

人気温泉地ランキング2019「もう一度行きたい関東近郊の温泉地」TOP5を発表!

1/26(土) 9:00配信

じゃらんニュース

今年もやってきました!じゃらんが発表する「人気温泉地ランキング」2019!
インターネット調査によるアンケートの回答から関東エリア在住者が「もう一度行きたい温泉地ランキング」TOP5を発表します!

景色・泉質・周辺の観光スポットなど、ランキング上位の温泉は魅力たっぷり!関東・甲信越・静岡エリアの数ある温泉地の中から1位に輝いたのは、どの温泉地でしょうか!?

1位:箱根温泉(神奈川県箱根町)

温泉は大地のパワーがもたらす地球の恩恵。それだけに自然豊かで名所としても魅力的な場所がたくさん。国内外で愛される不動の1位です。

【泉質】単純温泉・炭酸水素塩泉・塩化物泉・硫酸塩泉など
【アクセス】電車:箱根登山鉄道箱根湯本駅より、各社バス、箱根登山鉄道、箱根登山ケーブルカーなど利用。車:西湘バイパス箱根口ICよりR1、東名御殿場ICよりR138など
【問合せ】TEL:0460-85-5700(箱根町総合観光案内所)

2位:草津温泉(群馬県草津町)

天下の名湯とうたわれる草津。その最大の特徴は、釘を入れたら数日で溶け出すほどの強酸性の泉質。刺激が強いぶん入浴方法にはコツがいるけど、効能はてきめん。日本屈指の湯ヂカラでさっぱりお肌を手に入れたい。

【泉質】酸性泉
【アクセス】電車:JR吾妻線長野原草津口駅より草津温泉方面行きバスで25分。車:関越道渋川伊香保ICより1時間20分
【問合せ】TEL:0279-88-0800(草津温泉観光協会)

3位:熱海温泉(静岡県熱海市)

新旧の魅力が入り交じるリゾート・熱海。文学や歴史のイメージが強いけど、実は女性の感性をくすぐるスポットがいっぱい!さくっと女子力をあげる温泉旅行をどうぞ。

【泉質】単純温泉、塩化物泉、硫酸塩泉
【アクセス】電車:東海道新幹線、JR東海道本線熱海駅より各社バスで10分(市街地まで)。車:東名厚木ICより小田原厚木道路、真鶴道路経由で1時間
【問合せ】TEL:0557-85-2222(熱海市観光協会)

4位:鬼怒川温泉(栃木県日光市)

雄大な自然に包まれた鬼怒川温泉には、親子三世代で楽しめる観光ポイントがたくさん。スリル満点の吊橋を渡ったり足湯で休憩したり、一緒に散策すれば心の距離もぐんと近くに。

【泉質】アルカリ性単純温泉
【アクセス】電車:東武鉄道鬼怒川温泉駅下車。車:日光宇都宮道路今市ICより20分
【問合せ】TEL:0288-22-1525(日光市観光協会)

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事