ここから本文です

「高齢者うつ」と「認知症」 誤診すると3年で5割以上がホンモノの認知症にも【全文公開】

1/26(土) 7:00配信 有料

文春オンライン

「高齢者うつ」と「認知症」 誤診すると3年で5割以上がホンモノの認知症にも【全文公開】

物忘れがひどくなってきたら、普通は認知症を疑うだろう。しかし、それは「高齢者うつ病」の場合もある。非常に似た症状が出るが、異なる病気であるため、当然、効く薬も違う。もし間違えると症状はひどくなるばかりか、本物の認知症になるケースも多いという。

◆ ◆ ◆

※「週刊文春」2017年6月22日号より転載。なお、記事中の年齢や日付は掲載時のものです。 本文:6,066文字 写真:5枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2017年6月22日号

最終更新:1/28(月) 15:38
記事提供期間:2019/1/26(土)~9/23(月)
文春オンライン

おすすめの有料記事

もっと見る