ここから本文です

「突然死」これだけは知っておきたい前兆と予防【全文公開】

1/26(土) 11:00配信 有料

文春オンライン

「突然死」これだけは知っておきたい前兆と予防【全文公開】

 いつまでも若々しいイメージのあった大杉漣さんが世を去った。「突然死」のほとんどは「血管事故」によるものだが、血管の異常はなかなか察知できないもの。発作時のベストな対処法は?  日常心掛けるべき予防法は何か――経験豊かな専門医たちに話を聞いた。

◆ ◆ ◆

 誰もが予期せぬ訃報だった。

 2月21日未明、俳優の大杉漣さんが、急性心不全のため、66歳の生涯を閉じた。

 前日の20日は、朝8時から千葉県内で行われたドラマ「バイプレイヤーズ」(テレビ東京系)の撮影に参加。収録後、スタッフらと食事をしてホテルの部屋に戻ったものの、しばらくして共演者にグループLINEで体の異変を訴えた。

「大杉さんが腹痛を訴えたため、共演者の松重豊さんが付き添い、タクシーで病院へ向かったそうです。ところが容体は好転せず、午前4時前、大杉さんは駆けつけた家族や共演者、スタッフに見守られながら、息を引き取りました」(芸能デスク)

 自らチームを結成するほどサッカー好きで、健康雑誌のインタビューでも「病んだ役でも実際に病んでいては演技できない。自分の年齢なりの健康を日頃から心がけている」と語っていた大杉さん。その訃報は、予期せぬ死別が誰にでも起こりうることを教えてくれている。

 一般に、発症してから24時間以内に亡くなる病死を「突然死」と呼ぶ。

 その数は年間に10万人以上とも言われ、全死亡者数の約1割。決して少なくない割合だ。

※「週刊文春」2018年3月8日号より転載。なお、記事中の年齢や日付は掲載時のものです。 本文:5,396文字 写真:10枚 ...

まもなくこの記事の提供を終了するため、ご購入いただけません。

すでに購入済みの方はログインしてください。

記事を単品で購入する

「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年3月8日号

最終更新:1/26(土) 11:00
記事提供期間:2019/1/26(土)~9/23(月)
文春オンライン

おすすめの有料記事

もっと見る