ここから本文です

「僕が嫌われていたから」“大阪都構想”失敗の理由を橋下徹が語る〈週刊朝日〉

2/1(金) 8:00配信

AERA dot.

*  *  *
橋下徹(以下、橋下):僕が問題だと思うのは、田原さんらメディアで活躍する人が、今の国民大多数の思いを野党にきちんと伝えていないことです。野党は今、国民の思いと違う方向へ行っている。

田原総一朗(以下、田原):一番の問題は、日本国民の大多数が政治に関心を持ってないことだよ。

橋下:持ってます。

田原:持ってない。

橋下:田原さん、国民を馬鹿にしていますよ。その言葉は、政治批評する人が絶対に言ってはいけない言葉ですよ。国民が政治に関心を持つようにするのも政治批評の責任です。

田原:いや、もし海外でモリカケ問題が起きたら、連日デモですよ。

橋下:いや、そこじゃないんです。国民はモリカケ問題に対し、怒り、不満を持っている。だからといって政権交代の話じゃないと賢明に判断していますよ。

田原:野党が悪い。

橋下:だったら政治批評する側も政権与党の問題を追及しながら、野党に対しても国民が望む政治の方向性を提案してあげないと。国民の思いを代弁するのも政治批評の役割です。

田原:もちろんやってる。しょっちゅうやってる。

橋下:でも野党の支持率が上がらないじゃないですか。

田原:選挙のたびに野党の代表に対し、「国民はアベノミクスの批判なんて聞きたくないんだ。対案を出せ」と言っている。でも、どこも出さない。もっと言えば、今の野党の経済政策は自民党と変わらないのよ。つまりバラマキですよ。

橋下:対案を出せ!ではなく、こういう対案にしろ!と提案しないと。田原さんは消費税を上げなきゃいけないという立場なんですね?

田原:うん。

橋下:消費税を上げる理由は何ですか。

田原:旧民主党の野田政権のとき、安倍さんも公明党も10%にすると合意したじゃない。

橋下:でも、延期している安倍さんのほうが支持率を取っているわけですよ。

1/3ページ

最終更新:2/1(金) 11:03
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

あなたにおすすめの記事