ここから本文です

日テレ青木源太アナ、強すぎる「嵐愛」に局内から “うすら寒い” ブーイング

1/30(水) 17:00配信

週刊女性PRIME

 日本テレビの青木源太アナウンサー(35)。自他ともに認めるジャニーズファンとして知られ、先般行われた嵐の“活動休止会見”にも当然、駆けつけた。

「まぁ、恥ずかしいかったですね。質問をしながら涙を流すんですから。その段階で冷静に伝えられず、アナウンサー失格。たとえファンであっても、それをグッとこらえて仕事に徹するのがプロでしょ」

感情論を持ち出すのはどうなのか

 スポーツ紙記者は、そんな風に冷ややかに見る。

 日テレ局内でも、青木アナに対してうすら寒いものを感じているスタッフがいるという。

「表立っては言いませんけどね、35歳の大人があれじゃね、という感じ。局員の中には、会見に爪痕を残してさすがだな、ってバカに輪をかけたようなことをいっている人もいますが、非局員のスタッフは腹の中で笑っていますよ」

 と情報番組ディレクター。もちろん、非局員だ。

 さらに、メディアの中でくすぶったのは、「青木アナって、どういう立ち位置よ?」という疑問だ。

 会見の後、青木アナはツイッターで「今夜は初めて愚痴を言わせてください。無責任という言葉が会見で出ましたが、それはさすがに違うかと。あの場にいて悔しくて悔しくて」とつぶやいた。

「すでにいろいろ報道されている“無責任発言”に対して何かいうのはまだ許せますが、悔しくて悔しくて、という感情論を持ち出すのは首をひねりますね。局内でも、そこが鼻白まれています」(前出・情報番組ディレクター)

 さらに会見翌日、情報番組に生出演した青木アナは、「嵐がいる今この時代に生きている幸せを改めて感じています」と、嵐への愛を強く語った。

 相手と一線を画すという取材者の立場を逸脱して、取材対象に深入りしすぎている青木アナに、ネット上では共感の声が寄せられる。

 感情を抑えようとして、どうしても涙が出てしまうことも、人間ならあるかもしれない。ただ、それをぐっとこらえたり、見つからないように涙をぬぐう配慮を、取材者なら持ち合わせていてほしい。

 ちなみに嵐の会見場で涙を流してたのは、青木アナだけだったという。

<取材・文/薮入うらら>

取材・文/薮入うらら

最終更新:1/30(水) 17:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」4/30号

定価400円(税込)

「週刊女性PRIME」では「週刊女性」本誌の一部記事のほか「週刊女性PRIME」独自の記事を読むことができます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事