ここから本文です

「ミラン新エース」が鮮烈2ゴール! 先発デビュー戦でナポリ撃破の立役者に

1/30(水) 6:39配信

SOCCER DIGEST Web

イグアインの後釜としてミランに引き抜かれる。

今冬にジェノアからミランに引き抜かれたクシシュトフ・ピオンテクが、いきなりの大活躍だ。
 
 1月26日のナポリ戦(セリエA21節)で途中出場からミラン・デビューしたポーランド代表FWは、同じくナポリと戦った29日のコッパ・イタリア準々決勝で先発デビューを飾る。
 
 すると11分、いきなり本拠地サン・シーロに歓喜をもたらす。自陣からディエゴ・ラクサールが出したフィードに抜け出してワントラップすると、右足で冷静にボールをゴールネットに流し込んだのだ。
 
 さらに27分には、2点目を奪う。同じく今冬に加入したルーカス・パケタのパスを受けると、ペナルティーエリア内でセリエA最強のCBと謳われるカリドゥ・クリバリをかわし、再び右足でゴールを奪った。
 
 78分にベンチに下がる際にはサン・シーロの観衆から大きな拍手を浴びたピオンテクのドッピエッタ(2ゴール)が決定的となり、ミランはナポリを2-0で撃破。コッパ・イタリア準決勝進出を決めた。
 
 ピオンテクは18年夏に母国ポーランドのKSクラコビアからジェノアに加入。イタリアではほぼ無名の存在だったが、公式戦21試合で19得点と一気に大ブレイクする。この活躍がモチベーションを失ったゴンサロ・イグアイン(現チェルシー)に代わるCFを探していたミランの目に留まり、今冬に3500万ユーロ(約45億5000万円)の移籍金で引き抜かれていた。
 
 子供の頃から憧れだったというミランに加入したピオンテクが、ロッソネーロの得点力不足解消の切り札となるか。要注目だろう。

最終更新:1/30(水) 6:39
SOCCER DIGEST Web

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事