ここから本文です

DF酒井は“異常なし”で練習に合流、再検査のMF遠藤は不在で決勝欠場へ

1/30(水) 22:40配信

Football ZONE web

30日のトレーニングを実施、病院で検査を受けた酒井は合流も遠藤は欠席

 2月1日にアジアカップ決勝カタール戦を控える日本代表は、30日にアブダビでトレーニングを実施した。病院で検査を受けたDF酒井宏樹(マルセイユ)は“異常なし”の診断で無事に合流を果たした一方、MF遠藤航(シント=トロイデン)は姿を現さず、決勝は欠場が濃厚となっている。

【一覧&動画】アジアカップ2019 「決勝トーナメント全試合結果&ハイライト」

 準決勝イラン戦は激闘となった。序盤から激しい攻防が繰り広げたなか、0-0で迎えた後半11分に5戦ぶりに先発復帰のFW大迫勇也(ブレーメン)が先制弾。さらに同22分、大迫がPKを沈めてリードを広げた。後半アディショナルタイムにはMF原口元気(ハノーファー)がダメ押しの一撃を叩き込み、3-0と日本が勝利している。

 その一方、後半15分に遠藤が左太もも裏を痛めて担架で運ばれるアクシデントが発生。相手のタックルで足首を痛めた酒井も同28分に交代を強いられた。試合翌日、2人は病院で検査を受けた酒井は異常なしも、遠藤は所属クラブで再検査を受けることになった。全治などは改めて発表される。

 酒井は練習で笑顔を見せるなど問題なさそうだが、遠藤は決勝を欠場の見込みだ。MF柴崎岳(ヘタフェ)とのコンビで中盤を支えてきた遠藤の不在は、チームにとって大きな打撃となる。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:1/31(木) 1:31
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事