ここから本文です

松坂桃李&山本美月“純粋なラブストーリー”に初挑戦!「パーフェクトワールド」が連ドラに

1/30(水) 6:00配信

ザテレビジョン

松坂桃李、山本美月が、4月スタートのドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)で“純粋なラブストーリー”に初挑戦することが分かった。

【写真を見る】原作は累計部数170万部突破の大人気のあのコミックス!

本作は、累計部数170万部突破の有賀リエ原作の同名漫画を、主演・松坂、ヒロイン・山本で連続ドラマ化。車いす生活を送り、生涯一人で生きていくと決めた主人公・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせ合うことで変化が訪れていくラブストーリーとなっている。

樹はスポーツ万能な好青年で、高校時代はバスケットボール部のエースだったが、大学3年生の時に事故に遭遇。脊髄損傷で下半身が不随になってしまい、ショックを受けながらも苦難を乗り越え、高校時代からの夢であった建築士になる。現在はバリアフリー住宅の設計などで活躍しているが、本心では恋もバスケも、もうしないと心に決めている役どころだ。

一方、つぐみは絵が好きで高校時代は美術部に所属し、美大を目指していたが、自信を持てず受験を断念。インテリアデザイン会社に就職したものの、事務職についている。しかし、初恋の相手・樹との再会によって、つぐみ自身も大きな変化を遂げる。

■ 松坂桃李「葛藤や共感も丁寧に描ければ」

連続ドラマでの純粋なラブストーリーは初挑戦だという松坂は、「自分の中では新鮮で、『ラブストーリーやるのか、そわそわするな』とうれしい面もあれば、表情が崩れるような、正直こそばゆい面もあります。リアルさとハンディキャップを抱えた生活ならではの、葛藤や共感も丁寧に描ければいいなと思っています」とコメント。

初共演となる山本への印象については、「アニメやゲームが好き…、同じにおいがします(笑)。勘違いしないでいただきたいのですが、僕はオタクというのは、何か一つ、極めた者がもらえる称号だと思っていて、山本美月さんはそれを持っている方だと思います。山本さんには及ばないですが、そこをきっかけに、お好きなものを見聞きし、歩み寄っていきたいです」と語った。

また、すでに役作りを始めていることについて、「原作のモチーフにもなっている車いすに乗った建築士・阿部さんとお会いして、どのように生活されているのか、仕事をされているのかをご自宅と仕事場にお邪魔し、拝見させていただきました。自然に見せるためには相当練習が必要ですし、とにかく頑張るしかないという気持ちが今は大きいです」と意気込んだ。

■ 山本美月「人を愛する心をまっすぐに表現している作品」

コミックス好きとしても知られる山本は、原作について「人を愛する心をまっすぐに表現している作品だと思いました。樹の障害を通して、私自身知らなかったことがたくさんあり、とても考えさせられました。私は少女漫画を普段あまり読まないのですが、久しぶりに読むと恋愛のもどかしさが新鮮に感じ、恋が愛へと変化する気持ちを見させていただいたような気がします」とコメント。

いろいろな意味で障害が多い樹とつぐみの恋について、「たとえどんな障害があっても、その人を好きだという気持ちはきっと抑えることはできないと思います。いろいろな形の障害があるとは思いますが、それを二人でどう乗り越えるかを一緒に考えながら、時にぶつかり合いながら、共に進めていけたらすてきだと思います」と語った。

最後に「原作がしっかりとあるものなので、イメージをなるべく近づけられたら、と思います。実際に現場で監督や演者同士でお会いすると、いろいろと変わることは多いとは思いますが、自分の中のつぐみの樹への恋心を今から少しずつ育てて、ドラマと一緒にたくさん悩みながら成長させていけたらと思います」と意気込んだ。

(ザテレビジョン)

最終更新:1/30(水) 10:09
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン29号
7月10日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事