ここから本文です

原田知世22年ぶり復帰にあった「女優人生あと10年」の決意

1/31(木) 11:04配信

女性自身

「原田知世さんが田中圭さんとのW主演で、日本テレビの4月そして7月期の日曜ドラマに抜擢されました。2クール連続は日本テレビとしても25年ぶりとのことで、異例の作品となっています」(芸能プロダクション関係者)

原田知世 デビュー35周年の悲痛…最愛の実父が逝去していた!

昨年、芸能生活35周年を迎え、アルバムを発表した原田知世(51)。彼女が22年ぶりに民放の連続ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)で主演復帰する。東京・下町のマンションに引っ越してきた“年の差新婚夫婦”が、幸せいっぱいの生活から一転、“殺人ゲーム”に巻き込まれていく秋元康企画・原案のミステリーだ。

「近年では『やすらぎの郷』の成功例に見られるように、2クール連続ドラマは、作品性やキャラクターをより濃く表現できる。ただ、長期ゆえ“飽きられる”懸念材料もあります」(テレビ局関係者)

51歳での大きな決断。背景に何があったのか――。

「去年の朝ドラ『半分、青い。』の影響が大きかったそうです」

と語るのは、原田の仕事関係者。

「彼女は律(佐藤健)の母で、61歳で死んでしまう和子役を好演しました。視聴者からも評判でしたが、本人もその役柄が非常に印象深かった。“和子役を自分自身に当てはめてみて、あと10年しか生きられないとしたらどうするか。真剣に生きることを考えるようになった”と聞いています」

原田自身、自分の考え方の変化を『婦人公論』(18年12月11日号)でこう語っている。

《50を過ぎると、残り時間を考えることも。だから、毎日をより丁寧に過ごさなくてはいけないと思っています。「いつか」と考えず、やりたいことがあったらやってみて、会いたい人がいたら会っておかなくては》

6年前にイラストレーターのエドツワキ氏と離婚し、独身の原田。10年後の「61歳」は、人生のひとつの節目と考えているという。

「原田さんには10歳離れたお兄さんがいたのですが、数年前に亡くなっています。彼が生きていれば今年61歳。“人生、何があるかわからない。この十年は仕事に生きよう”と改めて決心したそうです」(原田の知人)

「女優余命はあと10年」と見据えた2期連続ドラマ主演の大役。今は体力作りに余念がないという。「アンティグラビティというハンモックを使ったエクササイズをして体幹を鍛えているそうです。気分転換には友人と陶芸教室に行ってお皿を焼いたり、近所に住むお姉さんと過ごしたりしていると聞いています」(音楽関係者)

時を駆け抜けた50代の新挑戦が彼女の女優魂に火をつけている。

最終更新:1/31(木) 11:51
女性自身

記事提供社からのご案内(外部サイト)

女性自身

光文社

2865号・4月23日発売
毎週火曜日発売

特別定価430円(税込)

大竹しのぶ 22歳年下俳優と深夜デート!
堀ちえみ 実母語る母娘絶縁7年「手紙も…」
堀ちえみ 妹入院「ちえみより大変な状況」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ