ここから本文です

新幹線で乗務員が暴言「M-1王者・霜降り明星」にJR東海が謝罪

1/31(木) 21:35配信

SmartFLASH

 1月27日放送の『霜降り明星のだましうち!』(ABCラジオ)で、霜降り明星のせいやが新幹線内で起きた不快な事件を明かした。

M-1王者「霜降り明星」バカにした全員にやり返したった

「これ今日言おうと思ってた、絶対。全然面白くない話」と強い口調で話し出したせいや。新大阪駅から東京駅に向かう新幹線の中でそれは起きた。

 ブレイクして大忙しの霜降り明星の移動は、現在、グリーン車なのだという。せいやは車内で乗務員からグリーン券を買い、席に行こうとしたとき、乗務員の言葉を聞いてしまう。

「俺に聞こえへんて思ったんかわからんけど、『見た? あの態度。あれやったら絶対消えんな。あいつ』って」

 その場には男性乗務員2人と女性乗務員1人がいた。せいやが次の車両に向かっていて聞こえないと思ったのか、男性乗務員が女性乗務員に「態度が悪い」と囁いたのが聞こえてしまったのだ。

「俺ドキドキしてん。俺、一瞬、え? って。ショックやってん」

 発言があまりに唐突だったため、乗務員のところへ確認に戻った。

「『なんか言ってました、今?』て言うてん。ほんならめちゃくちゃ焦って。『え! はい?』みたいな、めちゃくちゃしらこい(白々しい)顔すんねん」

 せいやは、その場にいた他の乗務員にも確認をとるが、いずれも否定。ラチがあかないと思い、怒りながらも席についた。すると、発言した乗務員がやって来て、せいやに発言は誤解だと説明する。

「来たんよ、席まで。『先ほどは少し勘違いをさせてしまったようで、申し訳ございませんでした』って」

 乗務員は「席が埋まった」という意味で「席が消えた」と発言したと説明。そんな乗務員に、せいやはカマをかける。

「こういうの録音して歩いてるんですよ、って言ってん、俺」

 すると、その乗務員は焦り出し、確認して来ますと言ってどこかに行ってしまった。

「俺、探してん。気持ち悪いやん。もめて終わってるから。俺、(車内を)何往復もしてん」

 せいやは発言した乗務員を3往復して探すも、見つからない。だが、その場にいた別の男性乗務員がいたので、再度発言を確認するも、やはり否定されてしまう。

 せいやは、「今後JRの職員さんにああいう人を1人も出さないでください」と話して、その場で事態は収拾したという。

 この事件は本当なのか。本誌はJR東海の東京広報室に質問状を送ったところ、以下のような回答を得た。

《本件につきまして、お笑いコンビ「霜降り明星」さまが出演されているラジオ番組を聴かれたお客様より、弊社サービス相談室にお問い合わせを受け、当日応対した乗務員に聞き取り調査を行った結果、お客様に対して不適切な応対をしたことが判明しました。

 現在、「霜降り明星」さまが所属されている吉本興業株式会社並びにご本人に対しまして、弊社乗務員の応対によりご不快な思いをおかけした点について、会社として謝罪に伺うべく、ご連絡を取らせていただいているところです。

 当日応対した乗務員は、強い反省の意を示しております。このような応対は東海道新幹線の乗務員としてあってはならないものであり、当該乗務員には厳しく指導するとともに、お客様にサービスを行う全ての乗務員に対しまして、接遇に相応しい態度や言葉遣いについて改めて周知し、再発防止に努めてまいります。》

 事件は事実だったのだ。

 一方の吉本興業に連絡を取ってみると、担当者は「ラジオのトーク内容は事実ですが、笑い話なんですよ」と答える。芸人がラジオやテレビでしゃべるエピソードトークのひとつで、JR東海に意見することもないということだった。

 担当者によれば、放送後、せいやがチーフマネージャーにこの一件をラジオで話したことを報告すると、「ウケたのか?」と言われ、ウケてないと答えると「ばかやろう! 他人様の悪い話をして、笑いのひとつも取れないとは何事か」と怒られたという。

 乗務員の発言は確かにあったが、そもそも、つまらない話をラジオで話すのは、芸人として問題だというわけだ。次回のラジオでは、せいやの面白トークに期待したい。

最終更新:2/1(金) 17:07
SmartFLASH

あなたにおすすめの記事