ここから本文です

中国共産党の元スパイが激白「俺は日本人情報源をこうして籠絡した」

2/2(土) 12:30配信

クーリエ・ジャポン

「台湾独立運動のゴッドファーザー」と呼ばれ、蔡英文総統をして「私の最も重要な精神的支柱」と言わしめる台湾の老革命家、史明(しめい)。御年100歳にして今も台湾独立運動の先頭をひた走る彼が、中国共産党の工作員として暗躍した過去からファーウェイのスパイ疑惑についてまで縦横に語る!




──史明先生は太平洋戦争開戦の翌1942年、自ら中国大陸に渡り、中国共産党の情報工作員(スパイ)となりました。当時の中国共産党の印象は?

すでに毛沢東が、唯一神に等しい最高権威として揺るぎない存在だった。毛は1935年の党中央政治局拡大会議(遵義会議)で党支配者としての地位を固めていて、俺が共産党に合流したころは反対派の粛清(整風運動)を推し進めている真っ最中だった。

俺は上海と江蘇省蘇州を基盤に情報工作をしていたが、陝西省延安にいる毛沢東に裁可を仰ぐ最短ルートも確立していた。上司の命令は毛の命令。毛の命令に逆らうことは許されず、そこに私情を挟む余地はなく、情報工作はそういうものだと頭に叩き込まれたから、任務に疑問を感じるようなことはなかった。

──先生の主要な任務は、日本軍や在留邦人の動向をリアルタイムで把握する諜報活動でした。

俺より先に上海入りしていた親父が日本海軍の知遇を得ていたから、その縁を使って俺も海軍人脈に入り込み、ネットワークを築いていったんだ。

上海を拠点にしていた第三艦隊(のち第一遣支艦隊、揚子江方面根拠地隊)や上海海軍特別陸戦隊の将官たちの中でも、特に親しかったのは、支那方面艦隊参謀副長兼上海在勤海軍武官だった湊慶譲少将だ。当時、極秘中の極秘事項だったフィリピン・レイテ沖海戦の大敗や沖縄戦の悲劇などについても、俺は民間人としては誰よりも早く湊の口から情報を得ている。

変わったところでは海軍の要請を受け、1938年から終戦まで日本海軍の支配下にあった福建省廈門(アモイ)で治安維持を名目に、住民が所持する拳銃の回収作業なんかもやった。日本の軍人が威圧的に命令するのとは違い、俺は中国語やアモイの人たちが話す閩南語で語りかけたから、この任務は存外うまくいったものだ。

──ですが史明先生は当時、まだ20代で若かった。日本の軍人たちに何者かと怪しまれることはなかったのですか。

それはなかったね。俺は「日本から来た、人懐っこいインテリ留学生」という役割を一分のスキも見せずに演じていた。しかも俺の日本語は、イントネーションの微妙なニュアンスも日本人のそれと寸分違わなかったし、同世代の日本人以上に、歌舞伎や能、日本舞踊、神社仏閣などに親しんでいたことも大きい。教養ある将校たちは、不世出の歌舞伎俳優・六代目尾上菊五郎の艶姿や、世界的なプリマドンナ三浦環の美声について語り合える俺を面白いやつと思い、積極的にメシや酒の相手に誘ってきたんだよ。

上海の多倫路に、今も「薛公館」の名で残されている邸宅は戦時中、日本が海軍武官の公邸として接収していた。俺はよく、公邸で開かれるスキヤキ宴会の相伴に与ったものだ。満腹になれば決まって妓楼へ繰り出すのだが、仲の悪い海軍と陸軍の将校が互いに俺を馴染みの店へ引っ張って行こうとして口論になることすらあったよ。滑稽だろう。

日本軍にしてみれば、組織のしがらみが無い俺から、中国の世情や、中国人の日本に対する印象などを聞き出すメリットもあったはずだ。それにどこの国の軍隊でも大なり小なり、民間人を使った情報収集活動はしていたからね。

連中は結局、この俺が日本の台湾植民統治を憎み、台湾解放を願いながら、日本軍の情報を中国共産党に流す使命を帯びた台湾人だったとは、これっぽっちも気付かずにいたわけだ。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事