ここから本文です

DeNA・石川雄洋 生え抜き最古参の経験値/最年長の意地

2/2(土) 12:02配信

週刊ベースボールONLINE

 世代交代を推し進めるDeNAで、すっかり立場が変わってしまった。「1年勝負、出されたときが勝負だと思う。そこで結果を出さなきゃいけないし、そのために準備するしかない」と視線を上げたのは石川雄洋だ。

 昨年限りで後藤武敏、荒波翔らがチームを去り、32歳の若さで野手最年長。「この年になると、何かが格段に伸びるというのは難しい」と冷静さを持ち合わせ、生まれ故郷の静岡を拠点に自主トレを進めている。ユニークな練習メニューの中で「デス鬼ごっこ」と命名するのは、2人一組で走れなくなるまで追いかけっこし、曲線的な動きも取り入れながら敏捷性を養うというもの。「復活」の思いを静かに秘め、キャンプインを迎えた。

 自己最多の138試合に出場した2014年をピークに、ここ4年間はすべて100試合を下回った。打撃不振に加え、16年から指揮するラミレス監督は若手を積極起用。特に昨年は覚悟を決めたシーズンでもあった。「一軍に呼ばれなかったらクビだな……」と折れそうな気持ちを支えてくれたのは先輩たち。「頑張ろうな」といつも声をかけてくれたのは後藤で、親交のあるヤクルト・坂口智隆の姿は頑張る原動力にもなった。

 7月に初昇格すると、豊富な経験や小技で貢献。シーズン終了まで降格しなかった。「競争に負けたくないし、チームの力になりたい。チャンスをもらえれば、必死に、前のめりにいきたい」。低迷期も充実期も知る、生え抜きの最古参。背番号「7」を侮るべからず、だ。

写真=大賀章好

週刊ベースボール

最終更新:2/2(土) 12:02
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事