ここから本文です

日本の決勝戦黒星を韓国メディアが速報 「凄惨な結末」「森保Jの限界が明るみに…」

2/2(土) 2:09配信

Football ZONE web

日本は韓国が8強で屈したカタールに1-3で敗れ、2大会ぶりの優勝はならず

 森保一監督率いる日本代表は、1日のアジアカップ決勝でカタールに1-3で敗れ、2大会ぶりの優勝を逃した。2022年のワールドカップ(W杯)開催国であるカタールの強さに屈する結果となったが、韓国メディアは「凄惨な結末」「日本の実利のサッカーは通用しなかった」と速報している。

【動画】南野が大会初ゴールも一歩及ばず…「日本×カタール」(1-3)ハイライト」

 日本は準決勝イラン戦で負傷したMF遠藤航(シント=トロイデン)に代わり、DF塩谷司(アル・アイン)をボランチで先発起用し、カタール戦に挑んだ。しかし、序盤からカタールに主導権を握られ、前半12分にはFWアルモエズ・アリに圧巻のオーバーヘッド弾を決められて失点。同27分にはMFアブデルアジズ・ハティムの鮮烈なミドルシュートを被弾し、前半だけで2点のビハインドを背負った。

 日本も後半24分、MF南野拓実(ザルツブルク)が今大会初ゴールを挙げ、反撃の狼煙を上げたが、終盤にセットプレーのこぼれ球がDF吉田麻也(サウサンプトン)の手に当たり、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定の末にPKを献上。これをFWアクラム・アフィフに沈められて万事休す。1-3で敗れて準優勝に終わった。

 カタールは今大会7試合で19得点1失点と圧倒的な強さを見せたが、準々決勝でカタールに0-1で敗れた韓国メディアも日本の敗戦に反応を見せた。

「森保ジャパンはアジア杯決勝まで“実利のサッカー”で笑っていたが、沈没した」

 韓国総合ニュースサイト「マイデイリー」は「日本が沈没した…森保監督の実利サッカーの凄惨な結末」との見出しで速報している。

「森保ジャパンが沈没した。アジアカップ決勝まで“実利のサッカー”で笑っていた日本がカタールに敗れ、凄惨な結末を迎えた。韓国とUAEに連勝して勝ち上がってきたカタールを相手に日本の実利のサッカーは通用しなかった。むしろ、韓国のようにカタールの組織サッカーに崩れた。森保監督の日本は過去とは違いポゼッション率を諦め、実利的なサッカーで決勝まで上がった。一部では、日本のサッカーが後退したと批判も出たりもしたが、イランを下して再び評価された。しかし、カタールとの決勝で森保ジャパンの限界が再び明るみに出た」

 記事では、日本が韓国同様、カタールの組織的なサッカーに屈したと触れ、勝利を追い求めた森保ジャパンのサッカーに持論を展開していた。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/2(土) 7:58
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事