ここから本文です

「うーん、どうしたら…」 DF吉田、ビデオ判定で一転“ハンド” PK献上に胸中吐露

2/2(土) 4:30配信

Football ZONE web

カタール戦後半38分、一度クリアするも… 吉田の腕に当たったと判断されて痛恨のPK

 森保一監督率いる日本代表は1日のアジアカップ決勝カタール戦で1-3と敗れて準優勝に終わった。試合の流れを決定づけた3失点目は、DF吉田麻也(サウサンプトン)のプレーがビデオ判定で確認され、思わぬ形で献上したPKから生まれている。試合後、吉田は「うーん、どうしたらいいのか……」と率直な胸の内を吐露した。

【動画】「うーん、どうしたら…」と本人も困惑 日本代表DF吉田麻也の腕にボールが当たり、VARの末にPKが与えられた一部始終

 試合は前半12分、同27分に日本が連続で被弾。0-2と劣勢で迎えた後半24分、MF南野拓実(ザルツブルク)が1点を返して反撃ムードが漂うも、ビデオ判定により同38分にPKを献上して再び失点。最終的に1-3で日本は敗れた。

 ビデオ判定となった一連の流れはこうだ。カタールが右コーナーキックを獲得し、中央にボールを供給。吉田と相手DFアブデルカリム・ハサンが日本のゴール前で競り合い、辛うじて難を逃れた。しかし、直後にカタールの選手たちが一斉にハンドを主張。一度プレーが途切れると、主審が両手で四角のジェスチャーを見せてビデオ判定に入った。映像では、競り合いのこぼれ球が吉田の左腕をヒットしている様子が映っており、一転してPK判定となった。

 吉田はビデオ判定について「うーん。どうですかね。どうしたらいいんでしょうか」と率直な思いを漏らしている。それは心の声のようだった。競り合いのなかで生まれた場面で、それは偶発的なものだ。「ハンドが起きたこと自体、僕自身は正直どうしようもない」と力なく続けている。

「当てに行っているわけでなくアクシデントだけど、結果がすべて。PKになってチームの勢いをなくしたのは事実。それを受け入れないといけない」

 結果的にPKによる失点が重くのしかかり、反撃ムードも萎んだ感は否めない。吉田は失点という事実を真摯に受け止めながらも、ビデオ判定によるPKに困惑を隠せない様子だった。

Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki

最終更新:2/2(土) 4:56
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事