ここから本文です

「ステーキ&イカでダイエット」「1カ月にうまい棒250本」バナナマンが単独ライブの裏にあった事件を明かす!

2/2(土) 7:00配信

ザテレビジョン

バナナマンの最新単独ライブを収録したDVD&Blu-ray「bananaman live one-half rhapsody」が2月2日(土)に発売される。それに先んじて、東京都内の映画館でトーク&先行上映イベントが開催された。今回のDVD&Blu-rayは、2018年8月に開催された単独ライブの模様を収録したもの。その映像が映画館の大スクリーンで上映された後、バナナマンの設楽統と日村勇紀が登場した。

【写真を見る】バナナマン単独ライブの練習中に、ステーキダイエット、うまい棒の儀式、ブラジリアンワックス鼻毛処理など次々と事件が!稽古場で撮られたレアな写真も公開!

あいさつの後、設楽に「去年の夏やったライブですけどね、覚えてます?日村さん」と聞かれると、日村は「いや、もう覚えてません(笑)」と即答。「もう、ネタやれって言われても難しいよねぇ」と言いながらも、設楽からコント内で歌ったオリジナルソングを振られると、即座にスイッチオン。「え!歌えるの!?」と驚く設楽を尻目に、流れる音楽に合わせて、振り付きで完璧に歌って見せた。

その後は「稽古場ファイル2018」と題して、コントの稽古場で起こった、さまざまな事件を振り返ることに。

■ 日村の「ステーキダイエット」が思わぬ結果に!?

「まずは『稽古初日の儀式』からですね」と設楽が紹介すると、スクリーンに映し出されたのは、うまい棒を食べる日村の写真。日村は稽古が始まる際、大量のお菓子を買い込んでくるそうで、2年前には「1カ月の稽古期間中、おそらくだけど250本うまい棒を食べた」(日村)と告白。それ以来、初日には「日村さんがうまい棒を1本食べて、それにみんなが拍手する」(設楽)のが恒例の儀式になったそう。

しかし、2018年は日村も健康志向になり、中でも、稽古時には「ステーキダイエットブーム」が到来。「『沸騰ワード10』(日本テレビ系)で、肉食ったら痩せるって聞いたから」と語る日村は、何と、450gのステーキを朝昼晩に食べていたんだとか。「1日400gくらいで抑えると痩せるらしいね」(設楽)と、食べる量が間違っていた日村は、結果として「痩せることはなく、体が臭くなった(笑)」。

また、あまりお菓子を食べないように、稽古場ではイカを食べるように。さらに、大量に食べてしまうのを防ぐため、ジップロックに適量を入れた「今日のイカ」を用意したんだとか。ところが「日村さんは『今日のイカ』を渡して1~2時間で食っちゃうんだよね。で、盗みにくるんだよね(笑)」(設楽)と、我慢できなかったことを暴露されていた。

さらに、稽古を手伝いにきている放送作家や、後輩芸人とのエピソードを語った後、2人がブラジリアンワックスで鼻毛を抜こうとしている写真を紹介。「いい顔してるよね、プロの顔だよね(笑)」と称賛する日村だったが、「本番で鼻毛が出ないようにやったのに、本番始まってすぐ日村さんは鼻毛が出てたね(笑)」と設楽に言われ、どうしても抜けない鼻毛があったことを明かしていた。

■ 今回のテーマは「今と過去と未来のライブ」

続いては「第3のバナナマン」とも呼ばれる放送作家・オークラが登場し、プロの目線でコントを解説。今回のテーマについて、オークラは「今と過去と未来のライブ」と説明した。

「今」について、オークラは「バナナマンはTVのレギュラー本数も多いし、その合間を縫って単独ライブをやることが、どれだけしんどいか。24年以上の芸歴で、毎年単独ライブをやっている芸人はいないし、ライブの評判もすぐ業界内に回るからプレッシャーになるんです」と、その大変さを熱弁。

評判については、バナナマンの2人も「毎年やっててさ、『面白くなかったね』って言われてたらイヤだね…」(設楽)、「そうだねぇ(笑)」(日村)と納得。

さらに、その状況の中でも続ける意義について、オークラは「過去、20代のころから毎年ライブを続けてきたことによって、バナナマンに憧れているコント師が沢山いる。そういう人たちや、過去バナナマンがつくってきたものに向けても、やり続ける責任がある」と説明。

そして「そういうものを背負って、未来に提示していく。舞台に立ってコントすることで、芸人として未来をつくり続けていくんです」と結んだ。

その後はバナナマンも交え、一つ一つのコントについて解説。テーマや構造、意図していたことやウラ話などが明かされ、バナナマンのコントに懸ける熱がたっぷりと語られるイベントとなった。(ザテレビジョン)

最終更新:2/2(土) 7:00
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン29号
7月10日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事