ここから本文です

歯科医が警鐘を鳴らす、食べていると確実に「死」に近づく食べ物とは?

2/3(日) 8:10配信

オトナンサー

 米「TIME」誌(2004年2月23日号)の表紙を飾った「SECRET KILLER」(秘密の殺人者)の文字。副題には「炎症と心臓発作、がん、アルツハイマーやその他多くの病気との驚くべき関係。あなたはそれにどう立ち向かうべきなのか?」とあります。

 歯周病の怖さについては、これまでも多くの歯科医が警鐘を鳴らしてきましたが、米国では、10年以上前から危険性がクローズアップされていました。日本では、最近になってようやく一部の専門家が気づき始めたのが実情です。

 今回は、歯科医師であり、米国抗加齢医学会認定医として活動をしている森永宏喜さんに話を聞きます。著書に「全ての病気は『口の中』から!」(さくら舎)があります。

「TIME」誌が特集した「SECRET KILLER」

「1923年創刊の『TIME』誌は米国社会にとって影響の大きい人物や事柄を表紙にしています。健康問題はそれ自体に加えて、医療・福祉を通じて社会と経済の問題でもあるからでしょう。歯周病のような慢性的な小さな炎症が、がん、糖尿病、高血圧症などの生活習慣病の悪化に大きく影響するということが、すでに問題意識をもって語られていたということになります」(森永さん)

「2015年12月、ラスベガスで開催された米国抗加齢医学会総会では、多くの発表者が、この特集を取り上げていました。発表の内容は、歯周病を『心血管疾患の主要な、中心的な原因』として指摘するものがほとんどでした」

 しかし、「SECRET KILLER」が全く見つけられないかといえば、そんなことはないと、森永さんは解説します。

「それを可能にしたのが『高感度CRP』です。現在では、慢性の炎症の度合いなどを知るための検査として使われるようになっています。そして、この高感度CRPの検査によって、歯周病の治療をするとCRPの数値が下がるという驚くべきデータが報告されています。私の医院でも、これと同様に歯周病の治療によって、CRPが改善するというデータを得られています」

 できるだけ早く炎症を見つけられれば、生活習慣病や認知症のリスクを抑えることが可能です。しかし、「生活習慣・食習慣を日々チェックすることが必要」と分かっていても、必要に迫られない限り行動は改められるものではありません。

1/2ページ

最終更新:2/8(金) 18:48
オトナンサー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

オトナンサー

株式会社メディア・ヴァーグ

「ライフ」「漫画」「エンタメ」の3カテゴリーで、暮らしに話題と気づきをお届け!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事