ここから本文です

消滅可能性都市から 日本一住みたいまちへ

2/4(月) 22:35配信

オルタナ

「有田みかん」で知られる和歌山県有田川町。人口減少が進み、「消滅可能性都市」に該当している。一方で、ポートランドを手本にした住民主体のまちづくりで注目を集める。廃園になった保育所をまちづくりの拠点として再生するなど、人が集う場をつくり出す取り組みが次々に進められている。(上野山 友之)

有田川町は2015年6月、米オレゴン州ポートランド市に倣うまちづくりプロジェクト「有田川という未来 ARIDAGAWA2040」を始動。同年7月にはポートランド市開発局のメンバーを迎えてフィールドワークを行った。

有田川町のまちづくりの拠点は、廃園になった田殿保育所だ。2016年4月には地域住民や卒業生など約1千人の来場者を集めたイベント「ありがとう田殿保育所」を開催。そこで集まったさまざまな活用アイデアをまちづくりメンバーが具体的なプランに落とし込んでいく。そうして取り壊される予定だった保育所は2018年8月、「THE LIVING ROOM」として生まれ変わった。

同時にクラフトビールが楽しめる「カフェ&ビアバー GOLDEN RIVER」もオープンし、今後はさらにシェアオフィスやゲストハウスの入居を誘致していく方針だ。

◆この続きは雑誌オルタナ55号(2018年12月17日発売)でお読み頂けます

最終更新:2/4(月) 22:35
オルタナ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

特集「SDGsビジネス戦略:アウトサイドインは昭和と海外に学べ」
国内外のアウトサイドインビジネス事例
ロングインタビュー:坂本龍一氏(音楽家)
「個人も企業も反自然的な存在」

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事