ここから本文です

舛添要一/移民問題の核心は「3世リスク」だ〈謹慎中に蘇った自分の原点。学者として今、伝えたいこと〉ーー文藝春秋特選記事

2/5(火) 7:00配信 有料

文春オンライン

自宅の書庫にて

 私が東京都知事の職を辞してから、2年半の歳月が過ぎ去ろうとしています。

「海外出張費が多すぎる」という批判を皮切りに、私は猛烈なバッシングに晒されました。海外出張の際のファーストクラス利用、会議のためのホテルのスイートルーム利用、公用車の利用、そして国会議員時代の政治資金の使途に至るまで、私に関するあらゆる事柄がマスコミと世間からの批判を浴び、2016年6月に私は都庁から去りました。

 都知事を辞めて以降は、あの時の喧噪が嘘だったように静かな時間を過ごしてきました。

 国会議員時代の政治資金の支出については、辞任後、東京地検特捜部の取り調べを受けました。地検の捜査には全面的に協力し、事実をありのまま説明したつもりです。そして2017年3月に不起訴となり、同年6月には検察審査会で「不起訴相当」との議決が出ました。

 正直に言うと、都知事を辞めた直後は「なぜこんなことになったのか」と憤る気持ちもありましたし、「私に向けられた批判に対して一つ一つ反論してやりたい」という思いに苛まれることもありました。

 しかし今は、ただひたすらに反省しています。私自身の行いによって都政が大混乱に陥り、多くの方々に迷惑をかけてしまったことは紛れもない事実です。すべての責任は、私にあり、都民の皆様に大変申し訳ないと思っています。この場を借りてあらためてお詫び申し上げます。 本文:7,427文字 写真:6枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込216
    使えます

記事購入にも使える108ポイント獲得できるチャンス

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

舛添要一/文藝春秋 文藝春秋2月号

最終更新:2/5(火) 7:00
記事提供期間:2019/2/5(火)~10/3(木)
文春オンライン

おすすめの有料記事

使えます

もっと見る