ここから本文です

【DeNA】ドラ1上茶谷のストレートに感じた可能性【キャンプ取材現場発】

2/6(水) 11:09配信

週刊ベースボールONLINE

狙うは先発ローテ入り

 2月5日、第1クール最終日にしてようやくドラフト1位右腕、上茶谷大河のブルペンを見ることができた。捕手の戸柱恭孝を相手にストレートのみ60球を投げ込んだ。翌日は休養日ということもあり、三嶋一輝、大貫晋一、阪口皓亮らも力を入れて腕を振っていたが、上茶谷が投げるボールの軌道は横に並ぶ投手たちとは異なっていた。

 印象としては“低めに伸びる”イメージ。投げ下ろすというより、沈み込んだフォームから繰り出されたボールが、地面すれすれを這ってミットに吸い込まれる感じだ。このストレートを見て、合同自主トレ前に彼が話してくれた言葉があらためて理解できた。

「意識するのはボールを前でリリースすること。ステップした左足のつま先よりも少し手前で放るイメージを持つとスピン量が増えて、下から上に浮いていくような感覚が持てます」

 この日の投球について、本人は「低めにいった球がそれほど多くなかった。あまりよくなかったです」と振り返ったが、ボールにはキレも感じられ、特にブルペン投げる存在感が抜群だった。実際にネット裏で見ていた他球団のスカウト、OBの口からは「これはいいね」と言葉が漏れていたのは、ちょうど1年前の東克樹の姿を思い起こさせる。

 キャンプは休養日を挟み、第2クールに突入。「思った以上に疲れがある」と第1クールを終えて、正直な感想を語った上茶谷。それでも「シーズン中は疲労している中でも投げなければなりません。投げ込みも必要になる」と貪欲な姿勢で、先発ローテの一枠をつかみにいく。

文=滝川和臣 写真=大賀章好

週刊ベースボール

最終更新:2/6(水) 11:15
週刊ベースボールONLINE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ベースボールONLINE

株式会社ベースボール・マガジン社

野球専門誌『週刊ベースボール』でしか読めない人気連載をはじめ、プロ野球ファン必見のコンテンツをご覧いただけます。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事