ここから本文です

globe・KEIKOが回復、元気なその姿と小室哲哉氏との関係

2/6(水) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 2011年にくも膜下出血で倒れ、療養中のglobeのボーカル・KEIKO(46才)が完全回復を果たしたという。その元気な姿をキャッチした──。

【スクープ/別写真】知人女性と笑顔で話すKEIKOの全身姿

《お久しぶりです。Twitter再開しようと思いまーす》。1月14日、globeのボーカルで小室哲哉氏(60才)の妻・KEIKOが、およそ1年1か月ぶりにツイッターを更新した。さらにその10日後の1月24日には、《ジム行って来ました~。筋トレやってまぁす!》とツイートしている。

 2011年10月にくも膜下出血で倒れ、現在は大分県にある実家で療養中のKEIKO。このツイートから伝わってくる回復ぶりは、昨年1月に夫・小室氏が涙で語った“献身介護”を要する状態からは、想像できないほどに劇的だ。ファンを歓喜させた「回復宣言」。それは同時に、夫に対するメッセージなのかもしれない。

 妻への献身的な介護に追われていたはずの小室氏に、不倫疑惑が持ち上がったのは昨年1月のことだった。

 小室氏が看護師のA子さんと数年来にわたって不倫関係にあると、『週刊文春』が報道。それを受けて会見を開いた小室氏は、A子さんとの男女関係を否定した上で、KEIKOが音楽に関心を持たないことや、「小学4年生の漢字ドリル」をやっていること、会話や集中力が続かないことなどを明かし、介護で心身ともに疲れ果てていると涙ながらに告白。さらには突然の引退を発表し、世間を驚かせた。

 この会見を境に、批判される立場だったはずの小室氏に同情論がわき上がり、不倫バッシングとは真逆の「文春砲バッシング」が始まった。

「“不倫への怒り”よりも、“介護で追い込まれた小室さんを責める方がおかしい”という声が大きくなり、“小室さんを引退に追いこむなんて許せない”というムードが一気に広がりました」(スポーツ紙記者)

 小室氏を擁護した誰もが、KEIKOの深刻な状態と、彼の献身的な介護を信じていた。しかし、その半年後の昨年7月、再び『週刊文春』は「桂子(KEIKOの本名)のサポートに疲れたと言っているが、彼は介護らしいことは何もしてない」など、KEIKOの親族の怒りの告白を掲載。さらにKEIKOは、すでに日常生活を自由に送れるほど回復していたと報じた。

1/3ページ

最終更新:3/14(木) 9:40
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事