ここから本文です

BTS(防弾少年団)、グラミー賞に初登場することが決定。

2/6(水) 3:10配信

VOGUE JAPAN

2月10日(現地時間)、LAのステイプルズ・センターにて行われる第61回グラミー賞にBTS(防弾少年団)がプレゼンターとして登場することが決定したと報じられている。

今回、プレゼンターとして受賞者を発表するカテゴリーは明らかになっていないが、昨年も多数のヒット曲を発表し、世界的な人気を誇るアーティストとなったBTSが、グラミー賞当日にスポットライトを浴びるのは当然の流れだと伝えられている。

2019年度グラミーでは、アルバム『LOVE YOURSELF 轉 'Tear'』が最優秀レコーディング・パッケージ賞にノミネートされているBTS。同賞以外のノミネーションからは外れているものの、受賞が決まれば、デザイン製作を担当したHuskyFoxとともにステージに上がる予定だ。

また、2017年の11月にLAで開催されたアメリカン・ミュージック・アワード(AMAs)にK-POPグループとして初登場し、曲『DNA』を披露したBTSだが、昨年9月25日(現地時間)に放送された米人気トーク番組「The Tonight Show Starring Jimmy Fallon」に出演した際、今後の夢や成し遂げたいことはという司会ジミー・ファロンの質問に、「グラミーに出たい」とメンバーのシュガが答えていた。

アリシア・キーズが司会を務める今年の式典では、マイリー・サイラスや、ケイティ・ペリーらがパフォーマンスを披露する予定。ノミネートは、ケンドリック・ラマーが8部門でトップ、ドレイクが7部門、ボーイワンダとブランディ・カーリーが6部門、カーディ・B、レディー・ガガ、チャイルディッシュ・ガンビーノ、マレン・モリス、H.E.R.、ソンウェイブが5部門とされている。

VOGUE JAPAN

最終更新:2/6(水) 3:10
VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2019年3月号
2019年1月28日発売

800円(税込み)

CHIHARU、イリーナ・シェイクなど世界のトップモデル5名が表紙で豪華競演!「イノセント」な60年代を徹底特集。

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい