ここから本文です

やっぱり楽しいのはMT車か? ドリキン&桂がサーキットで国産スポーツモデル6台一気乗りで検証

2/6(水) 5:04配信 有料

WEB CARTOP

やっぱり楽しいのはMT車か? ドリキン&桂がサーキットで国産スポーツモデル6台一気乗りで検証

(写真:WEB CARTOP)

AT(オートマチック)限定の運転免許でも、あの日産GT-Rが運転できることは知っているだろうか? フェラーリでもランボルギーニでも、メルセデスAMGでも今やクラッチはないのが当たり前。アクセルペダルとブレーキペダルの2ペダル(オートマ)車全盛で、高価な高性能車のほとんどが2ペダル車になり、マニュアルミッション(MT)車は少数派だ。正確には普通のオートマチックとは違うものの、こうした2ペダル車ならスーパーカーであろうとAT限定免許で運転できる時代だ。だからAT車に乗ろう、という話ではない。昔ながらの、身近な日本車マニュアルミッション車の魅力を再点検しよう、というのがこの企画だ。

運転の面白さを実証してくれるのは、あのドリキン・土屋圭市さんと、様々なレースで活躍した経験を生かしたレポートで人気の桂 伸一さんだ。サーキットに持ち込んだクルマはスズキ・スイフトスポーツ、ホンダ・シビックタイプR、トヨタ86、ホンダ・シビックハッチバック、マツダ・ロードスター、ホンダS660の6車種である。

■土屋圭市 Keiichi Tsuchiya

ドリキンの愛称で親しまれる日本を代表するドライバー。世界中にファンがおり、ドライビングレッスンやイベントのゲストなどで世界各国を飛び回る。

■桂 伸一 Shinichi Katsura

自動車雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。ニュルブルクリンク24時間レースへの参戦経験もある。

●土屋圭市が思・・・ 本文:8,947文字 写真:17枚 ...

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込54
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

WEB CARTOP

最終更新:2/6(水) 5:04
WEB CARTOP