ここから本文です

伊藤アルフ、ミュージカル「タイム・フライズ」でチェ・ゲバラに心酔する学生を演じる

2/7(木) 14:59配信

ザテレビジョン

俳優、モデル、歌手、さらには大学講師まで、多角的に活動する伊藤アルフ。2019年は2月のミュージカル座「タイム・フライズ」に始まり、4月に銀座博品館劇場にてブロードウェイミュージカル「big the musical」、ゴールデンウイークには「銀河鉄道の夜」と舞台出演が続く。稽古に多忙な中、インタビューに応じてくれた。

【写真を見る】ミュージカルへの出演が続く伊藤アルフ

――まずは、間もなく公演の「タイム・フライズ」(2月16日[土]~19日[火])の話を聞かせてください。どういった内容の作品ですか?

伊藤:1960年代終わりの学生運動が盛んだった時代に、現代の若者二人がタイムスリップして始まる話で、タイムスリップした先で出会った闘う学生たちの中に父母がいて、どんどん巻き込まれてしまうんですけど、メインのテーマは家族愛や学生間の友情を描くものです。

――伊藤さんの役柄を教えてください。

伊藤:僕は、同じ運動家の一人、中丸修を演じます。ちょっと変わっている男で、チェ・ゲバラをとても崇拝していて、絶対視している。崇め奉っているまでではないですけど、スタイルというかポーズを真似ていて。セリフにも「チェ・ゲバラは、こう言っている」といったものが、しばしば登場するんです。周りのみんなとは、どこかずれている。

――リーダーというわけではないのですか?

伊藤:僕が思うには、リーダーになりたいと思っているけど、なれない(笑)。変わったヤツなんだけど、みんなは受け入れてくれてる感じですね。

――周囲との衝突があるわけでもなく?

伊藤:全くないですね。仲良くはやってるんですけど、ただ変わってるんです。みんなが政治的な話をしている中で、中丸だけはチェ・ゲバラのことを語っている。チェのフレーズを会話の中に織り交ぜるんです。

――チェ・ゲバラのことを調べたりはされましたか?

伊藤:スタッフから何か指示があったとかではないんですけど、チェ・ゲバラを描いた映画を見たり、セリフに出てくるカストロについて調べたり、そういう作業はしましたね。

――その中で印象に残った出来事はありますか?

伊藤:セリフの中でそのことが書かれているのですが、カストロをリーダーとする82名がメキシコからキューバに12人乗りの船で渡ったという話ですね。その行為自体ありえないと思うんですが、反面それだけ必死だったんだなとも思う。キューバに渡ってすぐメンバーの大勢が政府軍に捕まるんですけど、その可能性も分かっていながら、行動を起こすしかなかった。その感覚は理解し難いことだと思います。

――学生運動についてもほとんど知らないですよね。

伊藤:親の世代の事件だと思いますが、親から話を聞かされたこともないです。作品は、たまたま学生運動を題材にしているだけで、作品を通して政治的な何かを訴えようとしているわけではない。学生運動が題材だから取っ付きづらいとは思うんですけど、コメディータッチの作品です。

もちろんしっかりと闘争を描くシーンもあるんですけど、楽曲はとてもキャッチーなものが多くて、見やすいお芝居だと思います。

ミュージカルってちょっと敬遠されるところはあるじゃないですか。いきなり歌い出すとか。でも曲調がキャッチーで違和感がないように工夫されています。

――歌われる楽曲はオリジナル中心ですか?

伊藤::オリジナルがほとんどなんですけど、学生運動の時代に流行っていた曲もアレンジして使われます。例えば「友よ」は、コーラスワークでかなりのアレンジを加えて使用しています。

オリジナルの楽曲も、全部いい曲なんですよね。僕が歌わない曲でも「この曲いいな。ライブで歌いたいな」という曲がいくつもあります。

特に「命の言葉」という曲は、とても壮大なナンバーで、好きですね。魂の訴えと言いますか。ダイナミックなこの曲は作品の中でも注目の一つ。重たい曲もちょこちょことちらばっている中で、この曲は圧巻だと思います。

――大人数が登場する舞台ですが、その中でのアピールしたいお気持ちはありますか?

伊藤:演出の菊地まさはるさんは、共演経験はもちろん、僕のことを別の作品でも見ていただいていて、どんな俳優なのかをご存知で、「違う空気感を出せる」という意図でのキャスティングだと思うんです。だから、特に目立とうと努めなくても、台本に描かれてることを演じれば、存在感を出せるのかなと。個人的に目立ちたいという思いはないです。

――「タイム・フライズ」のポイントをあらためて聞かせてください。

学生運動を描く作品で、その中で「戦争反対」の声をあげていたりしますが、そうした部分以上に僕は、作品が描く友情や人間同士の関係性に惹かれています。今稽古中ですが、稽古で泣かない日がないんです。

皆で作り物をしている場面とか、作業をしている中での仲間同士の会話とか、セリフで説明的に友情関係を語っているわけではなくて、一つ一つの行為というか行動で、団結力を描いている。その上に友情が乗っかってくる。難しい話とは捉えてほしくないですね。苦手とか思わずに来場してほしいです。

僕の部分で言うと、なんか変な奴がいるな、ちょっとだけ変わり者がいるなって思っていただけたら。自分では「愛されキャラ」だと思って演じているんですけどね。視点が違うだけで向いてる方向は仲間と一緒なので、だから受け入れられてる。嫌われてはいないんです。変なやつ、だけど面白いやつだなって。

――4月1日(月)、2日(火)に控えるブロードウェイミュージカル「big the musical」は、突然大人になった子どもをめぐるロマンチック・コメディー。これは再演ですね。

伊藤:2018年の4月が初演だから1年ぶり。こちらの作品自体は、ご存知の方が多いですよね。僕も若い頃に映画を見た記憶があります。

早く大人になりたいと願っていた子どもが、ある朝起きたら大人になっていたことから始まる物語。僕は大人になった主人公が就職する先のライバル、ポール役です。主人公と敵対する役で、これはなかなか特徴的。

――どちらかというと、見る人から嫌われる役でしょうか。

伊藤:そうですね。嫌われ役ですけども、最終的には嫌われないように演じていましたね。どういうところで愛されるようにしようかなと考えながら。

セリフではそう描かれていないので、自分の中でドラマを作ったりして。もう1人、嫌われそうなワトソンという役の人といろいろ話し合って、お茶目なところを出そうとしたり。

「タイム・フライズ」の中丸もそうなんですけど、ポールという役もちょっと変わってるんですよね。なんか普通じゃない。ポールは悪い人なんですけど、でもどこか変わってるから、最終的に憎めないんじゃないかなと思う。

この役は特に下調べすることもなく、自然と出来た感じがあります。あまり意地悪な役も演じてこなかったんですけど、すっとできましたね。

稽古に入るのはこれからですが、再演でまた違った「ビッグ」になるんじゃないかなと思っています。演出も変わるだろうし、そこに身を委ねると自然と変わっていくんじゃないかと。

音楽も同じ楽曲を使うわけですが、ダンスナンバーの振り付けとか、セットが変わることで違ってくる部分もあるでしょうし、あとはどこかで僕自身が見つけていかなきゃいけないですよね。新しい、自分なりのポールという役柄を。

難しいことではありますが、「うんと意地悪になれたらいいかな」と思います。前回よりも。でも愛される、そういうところが出せたらいいですね。今回のテーマにしたいなと思っています。

――2019年は舞台、ミュージカルが続きますね。

伊藤:このところミュージカルに出演することも多くなっているんですが、実は僕、踊りがとても苦手で(笑)。若い頃にアイドルみたいなことをやっていたので、踊りながら歌うっていうのは嫌いではないんですよ。で、それなりに形になるんですけど。

なんせ全然振り付けが覚えられない。踊らないミュージカルがあればって思うくらい(笑)。でも歌うことは好きなんです。けどライブで歌うのとはずいぶんと違うものですからね。ミュージカルは体が順応していくまでに時間がかかってしまって、それは大変ですね。必死に食らい付いていっている感じです。

でも、「ミュージカルってこんなに素晴らしいものなんだよ」と一般の人たちにお伝えする役割は担いたいなと思っています。その熱い思いはあります。少しでも多くの人に足を運んでいただいて、初めて見る人に「凄いね」と言ってもらえる舞台に立ちたいです。

――以前にCDリリースもされていますが、音楽活動への意欲はいかがですか?

なかなか余裕がなくてですね。お芝居に入ると、もうそれ以外のことができなくなってしまうので。今は対バンがあって、何組かの中で出演している形ですが、ゆくゆくは長時間の音楽ライブをやりたいとは思っているんです。いろんなコーナーに分けてやってみるとか。やりたいですね、ワンマンライブ。(ザテレビジョン)

最終更新:2/7(木) 15:27
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

週刊ザテレビジョン27号
6月26日

定価:390円

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事