ここから本文です

小室圭さん文書 「皇族っぽさ」をにおわせた問題の一文

2/8(金) 16:00配信

NEWS ポストセブン

 眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)の婚約延期が発表されてから約1年となったが、宮内庁は先頃、4月末をもって天皇陛下が退位された後の皇族方の外出を伴う公務の分担について発表した。

【写真】個室マッサージから出てきた小室さん

 天皇皇后両陛下が毎年、地方に足を運ばれてきた、いわゆる「三大行幸啓」である全国植樹祭、国民体育大会、全国豊かな海づくり大会は、皇太子ご夫妻が引き継がれる。新天皇・新皇后はさらに国民文化祭を加え、「四大行幸啓」に臨まれるという。

 一方、皇太子ご夫妻が出席されてきた7つの地方行事のうち、4つは秋篠宮ご夫妻に譲られる。

「眞子さまも秋篠宮ご夫妻が出席されてきた公務のうち、『全国都市緑化祭』など3つの行事を引き継がれます。今後、ますます皇族としての重責を担われることになる。眞子さまが結婚され、皇室を離れたら、皇族としてそれらの公務を担うことは、基本的にできません。つまり、宮内庁とご一家の公務の調整に当たられた秋篠宮さまは、“眞子さまはこれからも皇室にいる”という前提のもと、公務を割り振られたようです。

 一方、今年3月まで大学生で、大学院進学や留学の可能性を残す佳子さまには、“進路が未定”なので、現段階では割り振られていないのでしょう」(皇室記者)

 今後が“未定”なのは、眞子さまも同じだろう。今回の公務の分担を知って、眞子さまは何を感じられただろうか。

「結婚の意思の固い眞子さま」と「結婚が前提にない秋篠宮さま」──そんなおふたりの関係は、しだいに「距離がある」という段階ではなく、「対立」に近い構図になっているのではないか。

◆まるで皇族になったかのような「言葉遣い」

 火をつけたのは、1月22日、眞子さまの婚約内定者である小室圭さんが発表した文書だ。母・佳代さんが抱える借金問題について、それまで沈黙を貫いていた小室さんは、文書を通して初めて公に言及。寝耳に水の秋篠宮さまは愕然とされたという。

「秋篠宮さまは文書について、発表前日のメディアからの問い合わせによって知ったそうです。長女の結婚を左右する重大な事柄を、他人づてに聞いた秋篠宮さまは、さぞ驚かれたことでしょう。

1/3ページ

最終更新:2/8(金) 16:00
NEWS ポストセブン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事