ここから本文です

50代ひきこもりのゴールは「就労」ではない “折り返し”に大切なこと〈AERA〉

2/12(火) 7:00配信

AERA dot.

 80代の親が50代のひきこもりの子を養う「8050問題」が深刻だ。そこには、いかなる構図が存在するのか。ライターの黒川祥子氏が追った。

【グラフを見る】割合が逆転?「高齢者と未婚の子」世帯が急増

※「50代ひきこもりと80代親のリアル 毎年300万円の仕送りの果て」よりつづく

*  *  *
 開業医の長男として生まれたその男性(51)は、髪は後退して白髪も目立つが、長年ひきこもっていたとは思えない、清潔で爽やかな印象だ。

 暴君である父の「医者になれ」という、時に暴力も伴う「教育虐待」のもと、男性は成長した。

 2浪して合格したのは、教育学部。教員採用試験に受からず、塾講師をしながら勉強を続けたが、27歳の時に心が折れ、体が動かなくなり、ひきこもった。

「昼夜逆転の生活です。将来を考えてもつらくなるだけなので、考えることを放棄しました」

 仕送りで生きていたが、31歳の時、母親の勧めで家に戻った。

「少し休めば気力も湧くかと思ったのですが、どんどん落ちていくばかり。次へ踏み出せない」

 母は支援機関や精神科医などへ相談に出向くものの、近所には息子の存在を隠し続けた。

「母に、『この先、どうなるの?』と言われるのがつらいし、父への恐怖もあり、2階の自室からなるべく出ないようにしました」

 30代半ば以降、誕生日を敢えて意識しないようにした。

 38歳の時、母が探してきたNPOに勧められるまま出かけ、「ひきこもりだけで作る本屋」のオープニングスタッフになった。その後、同NPO代表の紹介で非常勤講師として公立小学校の教員になり1年、勤務した。

「自分は流されてしまうんです。教員なんて激務は無理だった。言われるがまま引き受け、ダメになってしまう。心がもたない」

 41歳でひきこもりに舞い戻り、49歳まで自室からほとんど出ない生活を送った。

「今は両親がいるから、食事もできるし生きていける。こんなの、続くわけがない。破綻する」

 不安でたまらなかったが、考えることを先延ばしにしていた。親の家を出たきっかけは、母が出会った支援者の存在だ。

1/2ページ

最終更新:2/12(火) 17:43
AERA dot.

記事提供社からのご案内(外部サイト)

AERA dot.

朝日新聞出版

「AERA」毎週月曜発売
「週刊朝日」毎週火曜発売

「AERA dot.」ではAERA、週刊朝日、
医療チーム、アサヒカメラ、大学ランキング
などの独自記事を読むことができます。

あなたにおすすめの記事