ここから本文です

「妊娠はウソ」「最低ランク女優」......メーガン妃がネット上で受けているいわれなき罵り

2/8(金) 14:20配信

ニューズウィーク日本版

<昨年ハリー王子と結婚したメーガン妃へのバッシングは妊娠してからひどくなるばかり>

昨年5月に英王室のハリー王子と結婚して「サセックス侯爵夫人」となったメーガン・マークルは、王子と付き合い始めて以降、ネット上のトロール(荒らし)から悪質な攻撃を受けてきたが、最近それがエスカレートしている。

メーガン妃を擁護する友人たち

その内容は、ハリー王子との結婚やメーガン妃の妊娠、他の王室メンバー、特にウィリアム王子の妻キャサリン妃との関係に関するもの。メーガン妃はアメリカのテレビ番組『SUITS/スーツ』にもレギュラー出演していた人気女優だが、ネット上のバッシングは極めて悪質だ。

あるツイッターユーザーは、妊娠中のメーガン妃のお腹の膨らみを嘘だと決めつけている。このユーザーは最近もメーガン妃を侮辱し、「妊娠はフェイク」という最悪のデマを流した。

今月初めにこのユーザーが投稿したツイートはこうだ。「誰かメーガンに教えてやってくれない? 本当に妊娠した女性は、ボトックス注射とかヒアルロン酸注入とかしない#moonbump(妊娠偽装)#fakepregnancy(フェイク妊娠)」

別のツイッターユーザーは、複数のメーガン妃の写真に「moon bump(妊娠偽装)」のハッシュタグを付けて投稿し、メーガン妃が妊娠しているはずがないと主張する。「彼女のお腹は動き回るとしぼんだり、膨らんだりする。私は2人子どもがいる(から騙されない)」と、書いている。

<マナーがなっていない>

イギリスの作家ジェシー・タイソンは、メーガン妃の服装がまるで10代の少女のようだとけなし、手やネイルが汚く、靴が汚れていると批判していた。また適切なマナーの訓練を受けていないため、王室には馴染めないと言い張っている。以前のインタビューでタイソンは、メーガン妃が現れたことで王室を愛せなくなったと語っている。

ソーシャルメディアでメーガン妃を「売春婦」と呼んでいた人物のアカウントは現在、削除された。またある在宅介護ワーカーはメーガン妃を「最低ランクの女優」と呼び、米東部在住の法律助手はツイッターでメーガン妃を「クズ」と罵った(現在はアカウントは非公開)。

この法律助手はまた、メーガン妃とキャサリン妃を比較してキャサリン妃は「綺麗で本物」と称賛。続けた投稿で、キャサリン妃は「真の王室」でハリー王子が引っ張り込んだ「クズ」とは違う、とメーガン妃をけなした。

現時点で、メーガン妃は自分に向けられたこうした否定的なコメントに対して返答していない。

カミーユ・ハイムブロッド

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-4・30号
4/23発売

460円(税込)

【特集】世界が尊敬する日本人100
お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事