ここから本文です

話題作『ローマ』が映し出す、矛盾だらけのメキシコ

2/8(金) 19:32配信

ニューズウィーク日本版

多様性を表現する重要さ

これに対してプロデューサーのロドリゲスは、「(キュアロンには)自分の記憶を描く以外の意図はなかった」と強調する。「(口数の少ない家政婦は)キュアロンが記憶する彼女だ。そして記憶が事実とは限らないことを彼は否定するつもりはない」

アパリシオも、『ローマ』には好意的な意見と批判的な意見の両方があることを認める。「でも、少なくともこれによって、多様性を表現する重要性が語られるようになった」

クレオの役作りに協力したキュアロン家の元家政婦リボ・ロドリゲスは、『ローマ』の仕上がりに大いに満足しているようだ。プロデューサーのロドリゲスは、ニューヨーク・フィルム・フェスティバルで、リボと一緒に『ローマ』を見たという。

「リボは大泣きしていた。(キュアロンが)レッドカーペットを歩くときは、『私のベイビー、本当に立派になって!』と言っていた。彼女にとってはいつまでも可愛い子供なのだ」

<本誌2019年02年12日号掲載>

ロバート・バレンシア、アンナ・メンタ

4/4ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2019-4・23号
4/16発売

460円(税込)

【特集】世界を変えるブロックチェーン起業
難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事