ここから本文です

香川真司が選ぶ「世界最強イレブン」 海外メディアで明かした“夢の11人”とは?

2/8(金) 11:05配信

Football ZONE web

メッシ&C・ロナウドを筆頭に超攻撃的布陣が完成

 日本代表MF香川真司はドルトムントからベジクタシュに期限付き移籍し、トルコデビュー戦で3分間に2得点という強烈なインパクトを残した。そんな香川が衛星放送「ビーイン・スポーツ」で、自身の考える世界のベストイレブンを明かした。

 イングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドで2シーズンプレーし、ドルトムントではファンから絶大な人気を誇った香川。日本代表の10番としてワールドカップ2大会連続出場など、華やかな経歴を持つ日本屈指のスターが選ぶ「サッカー界最高の11人」とは――。

 GKはドイツ代表GKマヌエル・ノイアー(バイエルン)。DFラインは右からドイツ代表DFヨシュア・キミッヒ(バイエルン)、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク(リバプール)、スペイン代表DFジョルディ・アルバ(バルセロナ)の4人が並んだ。

 中盤から前は超攻撃的布陣ができ上がりそうな名前がずらり。スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(バルセロナ)とベルギー代表MFケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)という二人の司令塔に、ブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペ(ともにパリ・サンジェルマン)、そしてポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)とアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)という“二大巨頭”が選出された。

 香川にとっては、この11人が現代サッカー界の“ベスト”だという。まさにゲームの世界でしか見られないような夢の顔ぶれが揃った。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/8(金) 13:21
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事