ここから本文です

“SMAP最後の聖地”移転報道に異議あり 今もファンが通う“本当の聖地”ベスト5

2/8(金) 5:59配信

デイリー新潮

あの焼肉店が移転

 スポニチアネックスは1月27日、「“SMAP最後の聖地”移転 ファン殺到の六本木『炭火焼肉 An』 解散当日メンバーら食事会」と報じた。

 ***

 この「An」という焼き肉店、堺正章(72)が内装などをプロデュースした高級店と説明すれば、思い出される方も多いだろう。スポニチの記事を一部引用させていただく。

《SMAPが解散した当日の16年大みそかに、木村拓哉(46)を除く4人と元メンバーの森且行(44)が食事会を開催。その後は「メンバーと同じメニューを食べたい」「同じ空気を吸いたい」というファンが殺到。予約が取りにくい状況が続いた》

《稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)が17年11月に出演したAbemaTV「72時間ホンネテレビ」では店内で堺との対談も行われた。
 同店のホームページでは「この約10年、いろいろな出来事がありました」などと回想。「移転先が決まりましたら改めてご報告いたします」としている》

 とはいえ、筋金入りのSMAPファンは、「あの焼肉店は、厳密に言うと“聖地”ではありません」と指摘する。

「もちろん、私も行きました。AbemaTVに登場した個室も使わせてもらいましたけど、やはり木村くんが抜けていますからね。メンバーの全員が揃っていないという意味では、“準聖地”くらいの位置づけでしょうか。それに『最後の聖地』というのも、意外に紛らわしい表現だと思います。最後に1つ残っていたSMAPの聖地が移転してしまい、聖地はゼロになる、と誤解した方もおられるかもしれません」

 もちろん他にも多くの聖地が存在し、少なからぬファンが、今この瞬間にも訪れている。そこで改めて、このファンに「SMAP聖地のベスト5」を作成してもらった。

 ご存知の通り、SMAP結成は1988年。31年の歳月が流れているわけだから、聖地の一部には様々な変化が生じているようだ。

1/2ページ

最終更新:2/8(金) 12:54
デイリー新潮

記事提供社からのご案内(外部サイト)

デイリー新潮

新潮社

「週刊新潮」毎週木曜日発売

「デイリー新潮」は総合週刊誌「週刊新潮」が発信する最新の話題に加え、専任取材班による綿密な取材に裏打ちされた記事を配信するニュースサイトです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ