ここから本文です

国名変更で話題の国 マケドニア

2/9(土) 16:30配信

ナショナル ジオグラフィック日本版

「2019年、世界のホットな旅先28」第24回

行くべき理由:冒険に名前をつけよう。

 呼称を巡るギリシャとの長年の紛争が原因で、バルカン半島の小国マケドニアがにわかに注目を集めている(マケドニアは「北マケドニア共和国」に国名変更する)。ここはギリシャ、セルビア、コソボ、アルバニアに囲まれた内陸国で、海岸はないかもしれないが、山と湖は驚くほど豊かだ。

ギャラリー:2019年、世界のホットな旅先28

 バルカン半島で最も深いオフリド湖の岸辺でカヤックに乗ったり、ペラゴニア渓谷の上空をパラグライダーで飛んだりしてみよう。マケドニアで最も高い町クルシェボは標高約1350メートルの場所にあり、パラグライダーの離陸に適した草原がある。

こちらもおすすめ:マケドニア・エクスペリエンスが2人乗りのパラグライダー、カヤック、ダイビング、乗馬などの活動を提供している。

文=MARYELLEN KENNEDY DUCKETT/訳=米井香織

記事提供社からのご案内(外部サイト)

あなたにおすすめの記事