ここから本文です

墨田区議会議員の“ハシゴ不倫“がバレて金銭トラブル発生!

2/9(土) 17:01配信

FRIDAY

福田はるみ議員 元CAの“美人区議“54歳に元不倫相手が「いままで払ったカネを返せ!」

資質に疑問を持たざるを得ない「トンデモローカル議員」が、また見つかった。

事務所の前で通行人に愛想よく挨拶しているのは、東京都墨田区議会の福田はるみ区議(54)。元外資系航空会社CAという経歴をひっさげ、’07年に区議選で初当選。以来、12年間にわたって区政にあたり、現在は区議会自民党幹事長も務めている“美人区議“である。

【写真4点本人直撃】福田はるみ墨田区議会議員 元CAの“美人区議“54歳に元不倫相手が「いままで払ったカネを返せ!」

「バツイチの福田さんは、清廉潔白なイメージで区民の支持を得ていましたが、実は裏では都内で警備会社を営むA社長と約15年にわたり不倫関係にあった。しかも、A社長と交際中に地元電器会社のB社長とも不倫。二股を知って怒ったA社長から『いままでやったカネを返せ!』と迫られ、金銭トラブルになっているんです」(A社長の友人)

現在60代のA社長と福田議員が知り合ったのは、約20年前。A社長ともともと知り合いだった福田議員の父親を介してだったという。

「福田さんは当時すでに離婚していましたが、A社長には妻と二人の子供がいた。しかし、福田さんのほうからアプローチしたそうです。福田さんの父親の会社が倒産した際、A社長が色々と援助し、その男気に惚れたみたいですね。福田さんはA社長から月々20万円のお手当てをもらい、荒川区内に約4000万円のマンションまで購入してもらいました」(同前)

’07年に福田議員が初当選を果たしたあとも、不倫関係は続いた。週に2度ほど福田議員の自宅で密会するだけでなく、二人で京都旅行に出かけることもあったという。だが、’15年12月、A社長が事前に行くことを告げず、福田議員のマンションを訪れたとき、関係は突如として破綻することとなる。

「テーブルの上に、一枚の置き手紙を見つけたんです。内容は『おにぎりを作ったから食べてね』という、明らかに一夜をともにした相手に宛てたメッセージでした。怒ったA社長が福田さんを問い詰めると、彼女はあっさり、地元電器会社のB社長と交際していることを白状。B社長とも不倫関係でした」(同前)

A社長が請求したのは、これまでに支払った「お手当て」などの総計約1600万円。福田議員は買ってもらったマンションを売却して、そのうち1000万円を返済したが、残りの約600万円はいまだ返されぬまま。業を煮やしたA社長は昨年末、福田議員に対して内容証明を送りつけ、現在は互いに弁護士をつけて交渉をしているという。

一連のトラブルについて、福田議員はどう考えているのか。本人を直撃した。

――A社長から金銭の返済を要求されていますが。

「月々のおカネにしろマンションにしろ、私が『欲しい』と言ったものではありませんからね。いまは弁護士の先生と相談して、対応を協議しています」

――A社長、B社長との不倫については。

「Aさんとは、結婚できると思ってお付き合いをしてました。でも彼は『それはできない』と……。私はAさんとの関係に悩み、それを相談したのがBさんでした。実は、Bさんは一昨年の7月に奥様と離婚していて、去年の4月に私と入籍してくれたんです(照れながら)」

――議員として不適切な行動をしていたという自覚は。

「私はおせっかい好きな性格なので、議員は天職だと思う。ただ、不倫していたのも事実です。支援者の方々には、ちゃんと説明しなきゃいけないなとは思っています」

パトロンを“ハシゴ不倫“して金銭トラブルを引き起こすとは、まさに前代未聞の不祥事だ。政治ジャーナリストの安積明子氏が言う。

「メディアや市民の目が届きにくいため、どうしても地方議員は玉石混交になりやすい。有権者が福田議員のこの事実を知ったらどう思うのか。不倫は犯罪行為ではないですが、次の区議選では間違いなく票は離れるでしょう」

今年4月の墨田区議選の前に、福田議員は進退を問われることになりそうだ。

最終更新:2/9(土) 21:40
FRIDAY

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい