ここから本文です

「平成仮面ライダー20展」石ノ森萬画館で開催 クウガからジオウまで歴代作品を振り返る

2/10(日) 18:38配信

KAI-YOU.net

平成仮面ライダー20作品を振り返る企画展「平成仮面ライダー20展~平成を駆け抜けろ!!~」が、4月20日(土)から6月30日(日)にかけて、宮城県石巻市の石ノ森萬画館で開催される。

【画像】映画では“怪物化”したクウガも登場

2000年の『仮面ライダークウガ』にはじまり、最新作の『仮面ライダージオウ』に至るまで、毎年新しいライダーが誕生してきた「平成仮面ライダー」シリーズ。

平成から文字通り新たな時代のスタートにあわせて、いまや大人から子供まで根強い人気を誇るシリーズの魅力に迫る。展覧会の詳細は近日公開される。

数字も証明する「平成仮面ライダー」の人気

2000年にはじまった「平成仮面ライダー」シリーズ。『仮面ライダークウガ』のオダギリジョーさんを筆頭に、『仮面ライダー電王』の佐藤健さんや『仮面ライダーフォーゼ』の福士蒼汰さん、『仮面ライダーW』の菅田将暉さんら、多くの人気俳優を排出してきた。

2018年12月から公開されている劇場版『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』には、歴代の平成ライダーが集結。劇中には佐藤健さんがサプライズ出演していることでも話題を呼んでいる。

筆者も公開初日に劇場で観てきたが、佐藤さんの登場時に感動とも歓喜とも取れる声が上がったのが印象的だった。

映画は公開3日間でシリーズ最高&最速記録となる興行収入3億円を突破。2月3日までに15億円を記録している。

冬の仮面ライダー映画シリーズとしては、累計動員1000万人を突破しており、この20年間で多くの人から支持されていることが、改めて証明された。

恩田雄多

最終更新:2/10(日) 18:49
KAI-YOU.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事