ここから本文です

クイーンの「ボヘミアン・ラプソディ」は、なぜわたしたちの心を揺さぶるのか?

2/10(日) 14:10配信

WIRED.jp

クイーンが嫌いな層というのは確かに存在する。自己陶酔しすぎだし、押し付けがましいというのだ。ただ個人的には、そういう人たちは少しばかり社会から浮いているのではないかと思っている。

フレディ・マーキュリーが得た「成功と代償」

クイーンに対して否定的な意見をもつ人は、ヴォーカルのフレディ・マーキュリーについてあれこれ言いたがる。マーキュリーが卓越した歌唱力の持ち主であることは間違いないが、オリジナルメンバーの4人(マーキュリー、ギターのブライアン・メイ、ベースのジョン・ディーコン、ドラムのロジャー・テイラー)は、全員が非凡なミュージシャンだ。

アルバムはどれもドラマチックで過激で、夢中にならずにはいられない。1973年のデビューから1986年の最後のツアーまで、どの曲も聴くたびに、自分が生きていることがうれしくてたまらなくなる。クイーンのヒット曲を聴けば、いつでも即座にやる気が出てくるのだ。

クラシック・ロックの獰猛さと独創性について語ることは、すでに一部の界隈では時代遅れとみなされている。理由はいくつかあるが、ロックンロールという音楽は「殿堂」まで建てられてしまうほど社会に受け入れられたし、そこには大金を手にした白人男性が傍若無人に振る舞うという負の側面も付いて回るからだ。

ただ、ロックの世界では70年代初期からしばらくの間、奇妙かつ何かを模索するかのような楽曲が定期的に生まれる時期があった。「ジギー・スターダスト(Ziggy Stardust)」「天国への階段(Stairway to Heaven)」「クレイジー・ダイアモンド(Shine On You Crazy Diamond)」といった曲だ。ラジオや大手楽器店の「ギターセンター」で流れているのを聞くたびに、こうしたナンバーは一生かけても消化し切れないだろうと感じたものだ。

「アンダー・プレッシャー」の完璧さ

いまでも夜遅くになにか音楽をかけたくなると(そして誰かの手を握りたいときは)、「アンダー・プレッシャー(Under Pressure)」のライヴパフォーマンスを選ぶことがよくある。10作目のアルバムとなる『ホット・スペース(Hot Space)』に収録されたこの曲には、デヴィッド・ボウイがバックボーカルで参加している。ボウイはレコーディングのために、スイスのモントルーにあったマウンテン・スタジオまで足を運んだ。

マーキュリーは1981年11月24日、カナダのモントリオールで初めて「アンダー・プレッシャー」をライヴで披露した。曲が始まって2分40秒あたりからの30秒間には特に胸を打たれる。

----------
ぼくたちにもう一度チャンスを与えてみないか?
愛にもう一度チャンスを与えてみないか?
ぼくたちは愛を信じてみないか?
愛を愛を……

----------

この30秒間は、純粋な意味で「完璧」と形容して過言ではないと思っている。本当に、これ以上は改良の余地がないのだ。

1/4ページ

最終更新:2/10(日) 14:10
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.32』

コンデナスト・ジャパン

2019年3月14日発売

1,200円(税込み)

『WIRED』日本版VOL.32「DIGITAL WELL-BEING」特集|デジタル時代のウェルビーイングの可能性を問う一冊

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事