ここから本文です

香川真司、ホームデビューは無得点もベジクタシュファン熱狂 「壮大な伝説の始まり」

2/10(日) 5:30配信

Football ZONE web

2点をリードした後半22分からトップ下で途中出場 相手を翻弄する巧みな足技も披露

 トルコ1部ベジクタシュに移籍したMF香川真司は、現地時間9日のリーグ第21節ブルサスポル戦でホームデビュー。後半22分から途中出場すると、トップ下としてボールを捌いて攻撃に絡み、2-0の勝利に貢献した。

【動画】「壮大な伝説の始まり」とベジクタシュファン期待! 新加入MF香川真司のホームデビューの瞬間

 3日のリーグ第20節アンタルヤスポル戦(6-2)で後半36分から途中出場し、3分間で2ゴールを奪う鮮烈デビューを飾った香川は、前節に続いてベンチスタート。4-2-3-1のトップ下にセルビア代表FWアデム・リャイッチ、1トップにはトルコ代表FWブラク・ユルマズが入った。

 前半40分、ベジクタシュはオランダ代表MFイェレマイン・レンスが右サイドからカットインし、右足アウトサイドで逆サイドへ展開。ユルマズがペナルティーエリア内左で胸トラップから左足を一閃すると、グラウンダーの一撃で移籍後初得点を奪い、チームに先制点をもたらした。アップ中の香川もチームメートのゴールに拍手を送った。

 後半17分にユルマズがこの日2点目を挙げ、2-0とリードして迎えた同22分、レンスに代わって香川が途中出場。ベジクタシュサポーターから大きな拍手が送られるなか、リャイッチが左サイドに回り、香川はトップ下に入った。

 香川の登場でボールが回るようになるなか、後半25分には敵陣でボールを受けると、ブルサスポルのセネガル代表MFステファヌ・バジを背負いながらリフティングするように3連続でボールを蹴り上げてコントロール。その1分後には、左サイドで味方からパスを受け、ペナルティーエリア内に侵入して中央に折り返し、惜しいシーンを作った。

シュート0本に終わるも、大拍手を送ったベジクタシュファンは興奮「あなたがキング」

 後半38分にもブルサスポルのトルコ代表DFエルトゥールル・エルソイのプレッシャーを鋭いターンで交わす香川らしいプレーも飛び出したが、この日はデビュー戦の倍近い23分間プレーしたなかでシュートは0本。得点に絡めず、試合は2-0のままでベジクタシュが勝利した。

 それでも長年日本代表の10番を背負ってきた香川のホームデビューに、香川の途中出場を伝えるベジクタシュ公式ツイッターのテキスト速報には、「あなたがキング」「誰もが楽しみにしていた瞬間」「壮大な伝説の始まり」と地元ファンから期待大のメッセージが多数寄せられた。

 ベジクタシュは香川加入後2連勝。15日のリーグ第22節マラティヤスポル戦以降、いつ香川がスタメン起用されるのか注目が集まる。

Football ZONE web編集部

最終更新:2/10(日) 5:30
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

あなたにおすすめの記事